ニュース
» 2013年03月26日 16時18分 公開

とろっじゅわっのレア食感 行列ができる“焼きたてチーズタルト”を求めて渋谷へ

これは……ケーキではない。チーズという“飲み物”だ。

[朝井麻由美,ITmedia]
画像

 とろっ、ふわっ――人はこの言葉に弱い。「とろ〜りクリーム」やら「ふんわり卵」やらと銘打った商品にはついつい食指が伸びるものだ。そんな“とろ〜り”を求めて近頃、渋谷に行列ができているらしい。現地へ確かめに行ってみた。

 行列の正体は、3月にオープンしたチーズタルト専門店「PABLO」渋谷店。看板商品の「焼きたてチーズタルト」(780円)は、焼き加減をレアかミディアムから選べる仕組みで、レアは文字通り中身がとろとろなのだという。とろけるチーズ……! おいしくないわけがない。列に並びながら目の前で手作りの工程を見せつけられ、チーズ欲求は最高潮に達する。


画像 行列ができている
画像 注文レジの目の前でアプリコットジャムを塗る
画像 生地の空気抜き中
画像 生地をタルトに流し込むすぐ横で、せっせと生地のタネを混ぜる
画像 卵黄を塗ってオーブンへ

 まずは「焼きたてチーズタルト」のレアから食べてみる。ナイフを入れなくても少し動かしただけで、ぷるんっと表面が波立った。

画像 おいしそう!

 いざ入刀すると……、すぐに中身がとろとろととろけていく。スプーンですくうとこの通り。この、とろけ! この、シズル感!

画像 とろっとろ
画像 これは焼きたての状態です

 口に含むと、スフレのような、プリンのような、ヨーグルトのような、今までに味わったことのない食感が……! 口の中でさらにとろっ、じゅわっ、と溶けていくのを感じた。これは……“ケーキ”ではない。チーズという“飲み物”だ。

 一方のミディアムは、カットした段階ではさほどとろけてはいない。だが一口食べるとその柔らかさを舌に感じるのは同じ。味はどちらも変わらないため、とろとろ重視派はレア、一般的な“チーズケーキっぽさ”があったほうがよければミディアムがおすすめだ。売れ具合はどちらも同程度という。ちなみに時間が経つと冷え固まってしまうことがあるので、なめらかな食感を楽しみたい人は温かいうちに食べるべし。

画像 ミディアムはこんな感じ

さらに濃厚なプレミアムも

 「焼きたてチーズタルト」の味は、レアもミディアムも見た目に反してあっさりしていて、チーズの風味はそこまで濃厚ではない。その分、飽きが来ないとも言えるが、それでは物足りない、というチーズ党におすすめしたいのはこれ。「プレミアムチーズタルト」(1500円)。

画像 一見普通のチーズケーキに見えるが……
画像 ひとつひとつ店内で表面を焼き、ブリュレにする

 とろけるチーズケーキの圧倒的なビジュアルを見た後では、なぁんだ、普通のチーズケーキじゃないか、と少々かすんでしまうかもしれないが、これが驚くほどのうまさなのだ。表面のパリパリの甘いブリュレと、こってりとしたチーズの味が醸し出すハーモニー。濃厚な2種のチーズを使用したこのタルトは、作るのに時間がかかるため数量限定で、毎日午前中には売り切れるという。

 試食から数日たった今でも、「焼きたてチーズタルト」のとろけ感や、「プレミアムチーズタルト」のずっしり感は筆者の舌に残っている。渋谷店以外には、大阪市に梅田店と心斎橋店の2店舗を展開。チーズ好きの方はぜひ食べてみてほしい。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)は、体当たり取材・イベント取材を得意とするフリーライター。一風変わったスポットに潜入&体験した記事は100本を超える。主に「週刊SPA!」や「DIME」などの男性誌で執筆するほか、「日刊サイゾー」ではB級スポットを巡る「散歩師・朝井がゆく!」を好評連載中。ゲームと雑貨とパズルが好き。コスプレするのもわりと好き。ウニとイチゴがあればだいたいご機嫌。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」