ニュース
» 2013年03月26日 19時52分 公開

専門学校卒業生「卒業後は『東方Project』のサウンドデザイナーを担当することができました」→ えっ

おれの知ってる東方と違う。

[ITmedia]

 東京アニメ・声優専門学校がサイトに掲載していた「卒業生の進路」がおかしいと一部で話題になっています。学校に問い合わせたところ「担当者不在で分からない」とのことでしたが、サイトは現在修正中となっており、併せて「紹介文に一部、誤りがございました」との謝罪文が掲載されています。

 問題になったのは、姉妹校である「FC TOKYO」1期生の紹介文。卒業後は「自分が作った作品を監督に見せて『東方Project』、サウンドデザイナーを担当することが出来ました」と書いているのですが……んんん? 「東方Project」は同人サークル「上海アリス幻樂団」のZUN氏が1人で開発している同人ゲームで、監督やサウンドデザイナーといった立場の人間はいないはず。たちまちページは拡散され、ファンから盛大に突っ込まれまくる事態となりました。

卒業後は、サウンドデザイナーのグループに参加していました。そのうちに「東方Project」のことを知り、参加してみたいという気持ちなり、監督にアポイントを取りました。自分が作った作品を監督に見せて「東方Project」、サウンドデザイナーを担当することが出来ました。姉妹校のFC TOKYOは卒業後も自由に施設を使わせて貰えたので「東方Project」のサウンドデザインもFC TOKYOで行いました。


画像 3月26日午後7時30分時点では「現在、正しい紹介文を作成中です」に差し替わっています

 調べたところ、同校が産学連携プロジェクトとして進めていた「東方Project」の二次創作アニメ「夢想夏郷」のサウンドデザイナーではないか、との説がどうやら濃厚な様子。担当者がうっかり、二次創作作品を公式であるかのように書いてしまった、というのが真相でしょうか。

 現在は一段落しているものの、一時は「東方projectのサウンドデザイナー」がTwitterのトレンドワードにも入るほどの大ツッコミ祭りに発展。ついには「東方Projectの○○ったー」という診断ページも登場しました。一連のツッコミや困惑のツイートは、Togetterの「東方projectのサウンドデザイナー」にまとめられています。


作者・ZUN氏も困惑


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた