ニュース
» 2013年04月04日 15時18分 公開

ディスカウントプロモーション、新商品の乱発はやめる――マクドナルド、成功事例をもとにした新作メニュー発表一足先に食べてみた

マクドナルドが「春の新商品大試食会」を開催。これまでのディスカウントプロモーションはストップして、「選択と集中」で新商品を投入していく。

[池田園子,ITmedia]

 マクドナルドの春の定番メニューのひとつ「てりたま」。1996年の初登場以来、長年愛され続けてシリーズ化までされている「てりたま」に、4月5日から新メニュー「チキンてりたま」が登場する。一足早く試食してきた。さらに4月26日〜5月6日に販売される「バーベキュービーフ」「バーベキューチキン」も。もうお腹いっぱいです……。

過去最高の支持を集めた「チキンてりたま」に期待大!

日本マクドナルドの原田泳幸代表取締役社長

 2013年4月4日、都内某所で行われた「春の新商品大試食会」。原田泳幸代表取締役社長も登場し「新商品を乱発するのをやめ、成功事例をもとに新商品を開発し、既存メニューで使われている原料を使う。この3つを意識し、賢く利益を上げていきたい」と、今後のマーケティング戦略を語った。これまでのディスカウントプロモーションはストップして、より「選択と集中」にシフトしていく構えだ。

 そんな思いを体現し尽くした「チキンてりたま」(単品340〜380円)は、過去の成功事例「てりたま」シリーズの1つで、シリーズの「最終進化版」ともされる。使われているのは、レギュラーメニューとしてもお馴染みの「ジューシーチキンフィレオ」の、あのジューシーなチキンパティ。

 中国とタイの2カ国から調達したやわらかチキンには、甘辛い生姜風味のてりやきソースがたっぷりと絡んでやみつきになる。ジューシーな食感がたまらない。その下には肉厚なぷるぷるたまごが鎮座し、お腹がぺこぺこなときに欲しくなるボリューミー感が魅力のバーガーだ。

 ちなみに「チキンてりたま」は、商品開発中に一般消費者に向けて行う「商品テスト」で、過去最高のおいしさ評価を叩き出したという。ヒーロー商品になりそうな予感だ。4月5日から4月下旬まで販売されるので、ぜひ1度味わってみてほしい。

脇役なのに準主役級のフライドオニオンが華を添える「バーベキュービーフ」

 4月26日からはマクドナルドが「ゴールデンバーガーウィーク」と称する、ゴールデンウィーク期間がスタートする。ここでの期間限定発売される「バーベキュービーフ」(単品340〜370円)もいただいた。スパイシーなバーベキューソースは、ほのかにトマトのさわやかな酸味が漂う。特徴的なのは、ベーコンの上に載ったサクサクした食感の、たまねぎとは思えないフライドオニオン。新しい味わいを作り出す、ここで必要不可欠な“構成要員”だ。

 ベーコンの下にはやはりぷるぷるたまご、その下には濃厚なチェダーチーズ、最下部にはオーストラリア・ニュージーランド産の100%ビーフを使ったパティが、どんと存在感をあらわにしている。かむと口の中に肉汁が広がるビーフパティにうっとりする。具だくさんなところに引かれる、今春のバーベキューメニューの1つ。

秘密の黄色いソースが魔力を持つ! さわやかな「バーベキューチキン」

 一方、同じ期間に販売される「バーベキューチキン」(単体330〜360円)は、バーベキュービーフとは趣を異にする一品。スパイシーな味わいの中に、トマトの酸味を感じられるバーベキューソース、新食感のフライドオニオンは同じだが、香ばしいごま付バンズの間にはさまっているのは、表面がカリカリしたクリスピーな食感のチキンパティ。予想以上のジューシーさに、口の中に春が広がっていく感覚をおぼえる。頭の中も春色に染まりそうだ。

 そのチキンパティを上下から、やさしくふんわりと挟むのは、2枚のチェダーチーズ。クリーミーでまろやかな味わいにメロメロ。チキンとチーズとの相性の良さを再確認できたように思う。また、下のチーズとバンズの間に存在する黄色いソースは、マヨネーズベースのイエローマスタードソース。ほどよくピリッとした、ゆるふわな刺激がアクセントになっている。「バーベキュービーフ」よりもややさわやかな味に特徴がある。

 わずか1時間に3つの新作バーガーをいただいたということで、今は満腹感しかないのだけれど、発売期間になったら何度かお店に寄ってしまいそうだな……と感じる忘れられない味だった。気になる人はお店に足を運んでみてはいかが?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響