ニュース
» 2013年04月11日 17時46分 公開

Facebookで13万人が「いいね!」した「志村けん×ビートたけしの美談」はガセ? 事務所に聞いてみた

「当事者から言わせてもらうと『初耳』」「両師匠に失礼な話」とグレート義太夫さんは否定。

[寺西ジャジューカ,ITmedia]

 一昨日あたりから猛烈な勢いで拡散されている「志村けんとビートたけしの美談」エピソード。「フライデー襲撃事件後、芸能界から干されていたたけしや軍団の生活費を当時ライバル関係にあった志村けんが助けていた」という内容で、現在までに13万人以上が「いいね!」を押しているのですが……残念ながらガセである可能性が高いようです。


 書き込みによると、志村さん側の出費は3億円は下らなかった、とも。これが事実ならば確かに美談なのですが、ここで思わぬ「火消し」が入ります。たけし軍団の1人であり、フライデー襲撃事件の当事者でもあったグレート義太夫さんが、自身のFacebook上で「何かの間違いでしょう」と書き込み内容を否定しました。


 義太夫さんによれば、そんなエピソードは「初耳」で、あれから30年もたつのに「当事者が一度も聞かされた事が無いなんて、おかしいでしょ?」とのこと。あれま、これほど説得力のある真相告白って、あったかしら……。


イザワオフィスのコメント

 念のため、志村さん側、たけしさん側の事務所にそれぞれ確認してみることに。まずは志村さんの所属事務所「イザワオフィス」にコンタクトを取ったところ、志村さんの担当マネージャーからお話をうかがうことができました。

―― 今回の美談エピソードの広まりって、御存知でしょうか?

マネージャー 直接は見ていないんですけど、記事になっているのは見ました。

―― この件について、志村さんとお話はされましたか?

マネージャー いや、してないです。

―― この先、お話される予定はありますかね……?

マネージャー いや、ないですね。

―― そうですよね。でも我々の中で「大御所芸人さんの大盤振る舞いはすごい!」というイメージもあったりします。「生活費の面倒」とは違ってきますが、例えば“3億円のおごり”というのはありえない話じゃなかったりしませんか? 志村さんのスケールまで行くと……。

マネージャー う〜ん、何とも言えないですね。事実かどうかも分からないですし。



――なるほど、分かりました。というか、メチャメチャ親切にご回答いただけましたよ!


オフィス北野のコメント

 さて、ここまでは一方からの情報。続いては「オフィス北野」に確認を取ってみたのですが……どうも様子がおかしい。たけしさん側、どうやら今回の“美談エピソード拡大事件”自体を知らないようなのです。そこで全文をコピペし、同社へFAXで送付。それを踏まえて、お話をうかがいました。

担当者 ありがとうございます。拝見いたしました。

―― どうでしょう、お話をうかがうことは可能でしょうか……?

担当者 ただ、これって事実無根ということなんですよね? それにウチがコメントを出すというのもどうなのかと……(苦笑)。

―― あぁ、なるほど。義太夫さんのコメントで完結していますしね。

担当者 いや、それも義太夫が個人でやっていることなので。



……確かに。いや、真摯にご対応していただき、ありがとうございます!


美談でもガセは「師匠に失礼」

 「個人がメディアを持てる」と言われるようになって久しい現代、しかし一方では「インターネットの情報をすべて鵜呑みにしてもいいのか?」という問題も増えてきている気がします。この手の話を好む人は多いと思いますが、当事者の義太夫さんは、こうもおっしゃっていました。

「誰が広めたんだか知らないけど、両師匠に失礼な話です」

 見事な火消し、ありがとうございました。

関連キーワード

Facebook | 生活費 | 否定 | 著名人 | デマ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ