ニュース
» 2013年04月15日 09時59分 公開

モテ機 Vol.48:日頃から疑われない行動を! 女子が恋人の携帯をチェックしたくなる瞬間とは

恋人同士の仲を引き裂く可能性を秘めた「携帯チェック」行為。それでも見たくなるときがある……のはどんなとき? 女子の本音を探ってみた。

[池田園子,ねとらぼ]

 マカフィーが20〜39歳の男女に実施した「2013年版 恋愛、人間関係、テクノロジーに関する調査」によると、全体の3割が「交際相手や配偶者のスマートデバイスの通話記録、メール、写真をチェックしたことがある」と回答したことが明らかになった。特に未婚男子の3割がその経験ありと答える一方、女子の割合は明らかにされていない。とはいえ、女子も恋人の携帯を見たくなるときはある。それはどんなときなのか女子に聞いてみた。


かまってくれない、見てくれない……行動の断片で女子は勘づく

 いつ、どんなときに、何をきっかけで、恋人の携帯をチェックしたくなるのだろうか。「なんとなく彼の態度がつれないなと感じるとき。ほかに好きな人でもできたのかな……と不安になってつい見ちゃう」と話すのはIT企業で働く28歳のA子。しかし「そのことで、自分の態度が硬化して怪しまれたり、別れにつながった経験もある」とろくなことがない。携帯に見て嬉しくなるような情報は大抵入っていないので、見たあとは精神的に何かしらダメージがやってくる。その様子を相手に悟られることで、相手も違和感を覚えてしまうのだろう。

 メーカーで働く27歳のB子も「自分と一緒にいるときにも、恋人がよく携帯をイジるようになったら、なんとなく怪しいなと思ってチェックしたくなる」と話す。共通しているのは「あまりかまってくれなくなった」「自分のことを見てくれなくなった」といった、恋愛初期とは異なる明らかな変化があるときだ。そういったそぶりを見せると怪しまれ、携帯をこっそり見られることにつながってしまう。

携帯チェック時に意識するのは確実な「現状復帰」

 では、恋人を疑い始めた女子が彼の携帯を見るときに、気をつけていることは何だろうか。上記のB子は「見た後は必ず元の位置に戻して、指紋もしっかり拭き取るようにしている」とコツを教えてくれた。テーブルの端に置いてあろうと、バッグの外ポケットに入っていようと、完璧に同じ位置に戻す。意識するのは「現状復帰」。「男子は大体鈍感だから」と笑い、そう心がけるだけでまったくバレることはないのだという。確かに男子って、良くも悪くも何も気づいてくれないよね……。

 それはさておき、パスワードをかけている男子も多いが、彼らに対してはどう対応するのか。銀行で働く29歳のC子は「パスワードをタッチする手の動きを、何度かじっと見て察知する」と話す。集中力が大事で、目の良さとは関係していないという。「でも、急にパスワードが変わっていたら、それはまた別のやましいことがあるのではと感じて、疑いに発展してしまう」のだとか。疑いのスパイラルが続いていく。男子のみんな、自分の携帯をもっと気をつけて管理した方がいいかもしれないよ。

「名字だけの登録」は女 疑いをかける女子たちの本音

 最後に、携帯を見て浮気を判断する「材料」について尋ねてみた。上記のC子は「1週間に2〜3回以上のペースで着信履歴が残っている女」と回答する。彼女持ちの男子にそこまで頻繁に連絡をしてくる女子はどう考えても怪しい、と予想する。確かに恋人持ちの男子に、普通は用なんてないから! 「『青田』『遠藤』みたいに、単に名字だけ入っている人は浮気相手の可能性がある」と探偵のような口調で打ち明けるのは、保険業界で働く26歳のD子。昔付き合っていた彼が、浮気相手を「池田」のように名字だけで登録していて、女の存在をカモフラージュしていた、というツラい過去を持っている。

 もっとタチの悪い男子はほかにもいて、彼女の名前を「TSUTAYA」と登録していて、浮気相手と会っていたなんて話も聞く。これはひどいけれど、笑ってしまう事例だ。いずれにせよ、恋人の携帯内で存在感を増しつつある女は分かりやすいし、また小手先のごまかしも見破られているということだ。女子、恐るべし……。

 男子諸君よ。女子は鋭い生き物だということを意識して、疑われないような行動を日々心がけていただきたい。あとが面倒だからね。

関連キーワード

女子 | モテ機 | 恋人 | 男子 | 浮気 | 恋愛


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた