ニュース
» 2013年04月24日 12時17分 公開

お米にこだわる人のためのお米のライフスタイルショップが銀座に誕生お米大好き集まれ

お茶碗片手に銀座へ。

[北本祐子,ねとらぼ]

 東京・銀座の一角に、4月24日に新たに誕生した、お米のライフスタイルショップ「AKOMEYA」。銀座に和のこだわりのお店というのはしっくりくるが、「AKOMEYA」とはなんぞや? と調べてみると、母体はサザビーリーグらしい。サザビーリーグといえば、レザーバッグのSAZABYを筆頭に、人気セレクトショップのRon Hermanやライフスタイル雑貨のAfternoon Teaなど、洋のイメージのものを提案する企業。カラフルなファッションや雑貨を日本に広めてきた企業が、なぜいまお米なのか? オープン前にチェックしてきました。

画像 名前はアルファベットだけどやっぱり和の雰囲気。シンボルは福良雀

 店内では、1階には日本酒などの米の加工品のほか、お米を美味しく食べるための調味料や加工食品、2階ではその日常を彩る道具を販売している。やはり米へのこだわりがあるようで、全国からよりすぐりの16種類とオリジナルのブレンド米2種類を計り売りで販売。店頭で好みに応じて精米してくれるサービスもある。

画像 店頭では玄米の状態でケースに陳列。その特徴やおすすめの用途、旨み・食感・粘り・総合の評価がつけられています

画像 店頭での精米は三分・五分・七分・白米から選択。オーダーから5分程度で完了する

画像 袋入りの米も販売しています。一般的なスーパーではなかなか見ない、冷蔵ケース入り

画像 確かに白ごはんが美味しく食べられそうなタレなどの調味料が

画像 ラーメンを発見。チョイスが渋くて気になる

画像 店舗2階。上がってすぐのコーナーには紅茶やイタリア料理の食材のとなりに、米を保存するための容器が並ぶ

画像 なぜか歯ブラシ。それもソーラーパネルと半導体って……

 店舗2階の一角には、「ほぼ日刊イトイ新聞」(以下、ほぼ日)の売り場が登場。これはこだわりの視点を持ったモノづくりで、多くの商品を企画販売している「ほぼ日」にAKOMEYA側からオファーし、実現したとのこと。テーマは随時変わる予定で、オープン時は“ほぼ日の食”をテーマにした売り場を展開中。ここでは「ほぼ日」サイトのみで販売している商品を手にとって購入できる。

画像 ほぼ日の商品を常時販売する店舗としては初。ただし、すべての商品が並んでいるわけではない

 しかし、「お米のライフスタイルショップ」なのに、パスタもラーメンも売っているというのはなぜなのでしょうか? このようなラインアップになったのは、お店のテーマが米を食べることから始まったものの、食べる環境も大事だという話からどんどん広がり、住環境まで整えるというところまで網羅する形になった結果だとか。

「(AKOMEYAの母体である)サザビーリーグのブランド自体では、海外のものを多く扱うライフスタイルの提案を行ってきました。しかし、社内でも日本の文化に立ち返りたいという声もあったことから、なかでも注目される食文化に注目。日本の食卓で思い浮かぶものといえば、お米であり、炊き立てのごはん。お米の幸せな気分のようなものを提案していきたいというところから広がっていきました」(AKOMEYA広報の八木彩さん)

 しかし、「お米のライフスタイルショップ」というだけに、お米のためのグッズの充実度は際立っています。釜や土鍋、しゃもじや茶碗などが厳選されたものが並んでいます。

画像 「純銅製炊飯釜 ごはんはどうだ!」は3合炊きで2万9400円也

 さらに、かゆいところどころか、かゆくないところまで気遣ったオリジナルグッズも登場。例えば、5キロの米を持ち歩くためのバッグ。入れるものや用途を限定したバッグ作りをコンセプトに掲げるTEMBEAのもので、丈夫な帆布素材のバッグで作られています。オリジナルの日光桧の米びつには、複数のお米を食べ分ける人むけの縦型モデルも制作。

画像 5キロの米が入るからといって、それ以外使っちゃいけないわけではありません。でも、まずは5キロの米を入れて本当に大丈夫なのか確かめてみたくなります

画像 うら若き女子が5キロの米を片手で悠々…というのがばれないようにという心遣い(推測)がぐっときます

画像 日光桧で作られたオリジナルの米びつは、多種類の保管に便利な縦型や、お米が扱いやすい茶箱型があり

 このほかにも、店内で販売する食品や調味料、道具を使用した「AKOMEYA厨房」や、日本酒のカクテルやスパークリングなど、新しい美味しさを提案するスタンディングスタイルの「AKOMEYA BAR」もあり、買うだけでなくその場でもお米の美味しさを体験できます。

画像

AKOMEYA TOKYO

店名:AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)

住所:東京都中央区銀座2-2-6

電話:03-6758-0270(AKOMEYA TOKYO)、03-6758-0271(AKOMEYA 厨房)

open:買い物 11:00 - 21:00、AKOMEYA 厨房 11:30 - 22:00(L.O. 食事 21:00/飲物 21:30)座席数 27席、AKOMEYA BAR 17:00 - 22:00(L.O. 21:30)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」