ニュース
» 2013年04月29日 10時07分 公開

ニコニコ超会議2:「時代ですね。ニコ動というのは」 小林幸子さん、「火の鳥」巨大衣装で舞い降りた

ニコニコ超パーティIIのステージは感動的な雰囲気でした。

[ITmedia]

 「皆の者、盛り上がる準備はよろしいか。“せーの”と言ったらラスボスと叫ぶがよい!」――小林幸子さんが「ニコニコ超パーティII」に登場した。注目の衣装は、2006年のNHK紅白歌合戦でも披露した「火の鳥」だ。

 幕が開くと、巨大なスカートが目に飛び込んできた。さらにラスボスの掛け声の後、そのスカートがひるがえる。ええっと幸子さん……どこにいるの……っていたー! 顔の位置が数メートルくらいの高さにある。でかいとは聞いていたが、これほどとは。衣装というかもはや装置。この衣装は「ラスボス」っぽいものをイメージして選んだそうだ。

画像 ドアラを従えての登場です(Photo by 上飯坂一、後藤淳、内野秀之)

 その後は赤いドレスに着替え、15曲目に再登場。「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のエンディングテーマ「風といっしょに」をしっとりと歌い上げた。「ペンライトのなかで歌うことは演歌の世界ではないので景色が違いました」――小林さんは、サイリウムが揺れる会場を新鮮な気持ちで眺めていたようだ。

画像

 小林さんがアマチュアのアーティストと同じ舞台に立つのは珍しい。ニコニコ育ちのアーティストに囲まれ、ある意味アウェイとも言えるライブだったが「お祭りですから楽しもうと。1つになっててすごい良いことですね」と、出番を終えて感想を語った。

 6月でデビュー50周年を迎える。今後は“小林幸子”ではなく“ラスボス”としてもCDを出してみたいと明かした。「時代ですね。ニコ動というのは」――ユーザーが創りあげていく音楽の新しいエンターテイメントの波は小林さんにも伝わっているようだった。

画像 赤いドレスも。紅組大トリって感じでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」