ニュース
» 2013年05月02日 18時42分 公開

漫画好き注目 絶版だった「アフタヌーン四季賞CHRONICLE」がKindleやニコニコ静画で買える

収録作は減ったようですが、いろんな電子書籍ストアで買えます。

[ITmedia]

 数ある漫画新人賞の中でもレベルが高いと評される月刊アフタヌーンの「四季賞」――2005年、そんな同賞の受賞作品をまとめた「アフタヌーン四季賞CHRONICLE」という完全受注生産本が販売されました。編集部がピックアップした各年代の受賞作品を4つの本にまとめたもので、有名漫画家の初期の姿や熱量を感じられる貴重な本となっていました。

 今となっては古本などでしか手に入らなかった四季賞CHRONICLEですが、そのライト版ともいうべき電子書籍が複数の電子書籍ストアでこのほど発売されました。「春」「夏」「秋」「冬」の4冊それぞれが単体で販売されています。紙の四季賞CHRONICLEに比べて収録作が減った分、1冊500円程度とリーズナブルな価格設定になっています。

photophoto 「四季賞CHRONICLE」で検索すると、Amazon(kindle)やニコニコ静画(電子書籍)など、いろんな電子書籍ストアで取り扱いが始まっている

 四季賞CHRONICLEは1987年から2000年までの作品を収録しており、例えば最も古い年代の作品が集められた「春」には、現在は四季賞審査担当作家の1人でもある高橋ツトムさんの受賞作などが掲載されています。逆に最も新しい「冬」は、漆原友紀さんのデビュー作にして大人気シリーズとなった「蟲師」などを収録。ほかにも個性が際立つさまざまな短編漫画を四季賞CHRONICLEを通じて楽しめます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10