ニュース
» 2013年05月07日 13時44分 公開

Facebookの「いいね!」では命を救えない――ユニセフがCMで訴え

「いいね!」しただけで支援をした気分にならずに、寄付をしてほしいというメッセージが込められています。

[ねとらぼ]

 Facebookで「いいね!」をクリックするのは簡単だけど、それだけでは命は救えない――ユニセフ・スウェーデンがこんなCMで「いいね!」への盲信を皮肉を込めて指摘し、寄付を呼びかけています。

 CMでは弟と暮らす10歳の少年が登場し、自分が母親と同じように病気になったら誰が弟の面倒を見るのかという不安を語ります。「でも大丈夫だと思う。ユニセフ・スウェーデンのFacebookのいいね!は17万7000件、夏までに20万件に達する。だから大丈夫なはずだ」――少年はそう語り、画面には「いいね!では命を救えない。お金は救える」というメッセージが。49SEK(スウェーデンクローネ)で12人の子どもにポリオワクチンを打てる、とも。

 同団体は動画の説明欄で「慈善活動を支援するのはこれまでになく簡単になっている。いいね!ボタンを押すだけでいい」と指摘。いいね!は重要だけれども、それだけでは医療や水、食べ物を支援する資金にはなりません。CMでは、「いいね!への盲信の不条理さ」にスポットライトを当て、ワクチンの資金を得ることを目指しているとのこと。「いいね!」しただけで支援をした気分にならずに、寄付のような行動を取ってほしいというメッセージが込められています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声