ニュース
» 2013年05月07日 13時44分 公開

Facebookの「いいね!」では命を救えない――ユニセフがCMで訴え

「いいね!」しただけで支援をした気分にならずに、寄付をしてほしいというメッセージが込められています。

[ねとらぼ]

 Facebookで「いいね!」をクリックするのは簡単だけど、それだけでは命は救えない――ユニセフ・スウェーデンがこんなCMで「いいね!」への盲信を皮肉を込めて指摘し、寄付を呼びかけています。

 CMでは弟と暮らす10歳の少年が登場し、自分が母親と同じように病気になったら誰が弟の面倒を見るのかという不安を語ります。「でも大丈夫だと思う。ユニセフ・スウェーデンのFacebookのいいね!は17万7000件、夏までに20万件に達する。だから大丈夫なはずだ」――少年はそう語り、画面には「いいね!では命を救えない。お金は救える」というメッセージが。49SEK(スウェーデンクローネ)で12人の子どもにポリオワクチンを打てる、とも。

 同団体は動画の説明欄で「慈善活動を支援するのはこれまでになく簡単になっている。いいね!ボタンを押すだけでいい」と指摘。いいね!は重要だけれども、それだけでは医療や水、食べ物を支援する資金にはなりません。CMでは、「いいね!への盲信の不条理さ」にスポットライトを当て、ワクチンの資金を得ることを目指しているとのこと。「いいね!」しただけで支援をした気分にならずに、寄付のような行動を取ってほしいというメッセージが込められています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」