ニュース
» 2013年05月09日 14時38分 公開

長っ! カレーの中心で愛をさけぶかのような食べログの口コミが話題

おいらはココイチでいいです……。

[ねとらぼ]

 お店や商品を選ぶときに役立つWeb上の口コミですが、ときに単なる「参考情報」の域を超えた作品的口コミに出会うことがあります。食べログに投稿された「インド料理大好き男に『どこの店が好き?』と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの?」というタイトルの口コミもその1つです。エッセイか何かか? といった趣きの長文口コミとなっており、ネットでは「レビュー文学」「カレー愛が深すぎてついていけない」といった声が上がっています。

photo グルガオン行きたくなりましたわ

 投稿者のジュリアス・スージーさんは、実はこれまでにもこの手の長文口コミを投稿している常連さん。今回は、銀座にある「グルガオン」というインド料理店について、ユーモアをたっぷり交えて語っています。

photo 自己紹介もオシャンティーな感じ

 口コミ内容はタイトルの通り、カレー大好き男を落とすためにはグルガオンを押さえておけ! というトーンでまとめられているのですが、冒頭でいきなりこうです。

 「まず前提として、貴女がインド料理大好き男を夢中にさせることが、はたして貴女を幸福にするかどうか、それはまた別問題だけれど」

 なんですかこの含みを持たせたものの言いようは。文学でも始まるんです? で、この方によれば、CoCo壱番屋好きだーみたいなベーシックなカレー男には「わたしが、おいしいカレーを作ってあげる♪」と言っておけばいいそうです。なーんだそれでいいのか! めでたしめでたし……では終わらず、ここからもう少しこだわりの強い男、「いわゆるインド料理好きの男の落とし方」の解説が始まります。

 かいつまんで話すと、要はグルガオンはおしゃれで料理の質が高くてそれでいてお高くとまってない良店という評価のようですが、それがずいぶんとドラマチックに書かれていますね。例えばこんな文章がありますよ。

 「したがって銀座グルガオンこそは、本来なんの接点もないまったく縁もゆかりもない別々の世界に生きている、岸本セシル似の綺麗系OLと、玉もあれば石も混じっている、そんなカレー大好き男たちが、この世界で唯一(いいえ、系列店ダバ・インデイア、カイバルと並んで唯三)遭遇しうる場所です」

 カレーの中心で愛をさけびたければここにこい、ということのようです。ほかにも、“もしあなたがこう答えてしまえば、こういう結果になってしまうだろう”みたいなケーススタディが延々と書かれており、読み応えはバッチリ。おいしい口コミ、ごちそうさまでした。

関連キーワード

口コミ | カレー | レビュー | 食べログ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む