ニュース
» 2013年05月09日 23時28分 公開

今もっとも熱いソシャゲは「Candy Crush Saga(通称キャンクラ)」です 異論は認める日々是遊戯

私はこれでパズドラをやめました(利用者の声)

[池谷勇人,ITmedia]

 今やスマホゲーと言えば「パズドラ」真っ盛りですが、僕のまわりでは現在、あるゲームがものすごい勢いで流行りつつあります。中には「私はこれでパズドラをやめました!」という極端な人も(ちょっと大げさ)。

 タイトルは「Candy Crhsh Saga」。長いので僕のまわりでは「キャンクラ」と略している人が多いです。

画像

画像

 元々はFacebookで提供されていたカジュアルゲームで、昨年8月にiPhone、Androidでもリリースされて大ヒット(デイリーアクティブユーザーは全世界で5000万人とも)。今年3月にようやくiPhoneAndroid版が日本語に対応し、そのころから国内でもじわじわと流行りはじめたみたいです。

動画が取得できませんでした

気付くとなぜかみんなハマっている……怖い

 ゲーム内容は、カラフルなキャンディを3つならべて消していく3マッチパズル。ただし「LINE POP」などと違ってステージクリア型なのが特徴で、「30手以内にゼリーをすべて消せ」とか、「1分以内に2万点獲得しろ」とか、ステージごとに異なるお題が出題され、これを達成すると次へ進める仕組みです。たったこれだけ……なんですが、なぜか気付くとみんなハマってる。

画像画像 ステージによってさまざまなクリア条件があって、毎回違った攻略法を考える必要アリ

 大量連鎖が起きた時の気持ちよさとか、ステージごとに用意された仕掛けの面白さ、あと1歩なのにクリアできねえええ!(=もう1回やればクリアできそう)といったバランスまわりの絶妙さとか、ハマりそうなポイントはいくつもあるんですが、僕が感心したのはマップ画面。このゲーム、ワールドマップが線路状になっていて、自分や友達がどのステージまで進んでいるかが一目で分かるんですよね。

 で、20ステージに1回くらい「なにこれ全然クリアできねえええええ!」みたいな「門番」ステージがあって大体そこで2日くらい足止めされるんですが、ほかの人が自分より先へ進んでるのを見ると、「おかしい、あいつにできて自分にできないわけがない……!」ってついリトライしちゃうんですよ。逆にそこを突破できた時の達成感もものすごくて、「お前もやってみろよ!(おれはクリアしたけど)」と誰かを誘いたくなる。もちろん1人で遊んでも楽しいんだけど、友人や知人と一緒に遊ぶともっと楽しい。

画像画像 どこまで続くんだ! と思わずツッコミたくなるくらい長ーーーいマップ画面。中にははるか先の方まで進んでいる人も……

 「LINE POP」のようにライフやアイテムを送り合ったりする要素もあって、ゆるーいつながりの中でなんとなく協力しあったり、競争しあったりできるのもイイ感じ。ゲーム自体は無料で遊べるので(ライフやアイテム購入などで課金する仕組み)ぜひ友達を誘って遊んでみてはいかがでしょうか。欠点は色使いがアメリカンすぎて、このゲームの後にパズドラで遊ぶとドロップがものすごく色あせて見える点です(笑)。

画像 さらっとFacebook版とスマホ版でデータを共有してるのもすごい。家ではFacebook(PC)で遊んで、外ではiPhoneで続きを……みたいなこともできます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる