ニュース
» 2013年05月09日 23時28分 公開

日々是遊戯:今もっとも熱いソシャゲは「Candy Crush Saga(通称キャンクラ)」です 異論は認める

私はこれでパズドラをやめました(利用者の声)

[池谷勇人,ITmedia]

 今やスマホゲーと言えば「パズドラ」真っ盛りですが、僕のまわりでは現在、あるゲームがものすごい勢いで流行りつつあります。中には「私はこれでパズドラをやめました!」という極端な人も(ちょっと大げさ)。

 タイトルは「Candy Crhsh Saga」。長いので僕のまわりでは「キャンクラ」と略している人が多いです。

画像

画像

 元々はFacebookで提供されていたカジュアルゲームで、昨年8月にiPhone、Androidでもリリースされて大ヒット(デイリーアクティブユーザーは全世界で5000万人とも)。今年3月にようやくiPhoneAndroid版が日本語に対応し、そのころから国内でもじわじわと流行りはじめたみたいです。

動画が取得できませんでした

気付くとなぜかみんなハマっている……怖い

 ゲーム内容は、カラフルなキャンディを3つならべて消していく3マッチパズル。ただし「LINE POP」などと違ってステージクリア型なのが特徴で、「30手以内にゼリーをすべて消せ」とか、「1分以内に2万点獲得しろ」とか、ステージごとに異なるお題が出題され、これを達成すると次へ進める仕組みです。たったこれだけ……なんですが、なぜか気付くとみんなハマってる。

画像画像 ステージによってさまざまなクリア条件があって、毎回違った攻略法を考える必要アリ

 大量連鎖が起きた時の気持ちよさとか、ステージごとに用意された仕掛けの面白さ、あと1歩なのにクリアできねえええ!(=もう1回やればクリアできそう)といったバランスまわりの絶妙さとか、ハマりそうなポイントはいくつもあるんですが、僕が感心したのはマップ画面。このゲーム、ワールドマップが線路状になっていて、自分や友達がどのステージまで進んでいるかが一目で分かるんですよね。

 で、20ステージに1回くらい「なにこれ全然クリアできねえええええ!」みたいな「門番」ステージがあって大体そこで2日くらい足止めされるんですが、ほかの人が自分より先へ進んでるのを見ると、「おかしい、あいつにできて自分にできないわけがない……!」ってついリトライしちゃうんですよ。逆にそこを突破できた時の達成感もものすごくて、「お前もやってみろよ!(おれはクリアしたけど)」と誰かを誘いたくなる。もちろん1人で遊んでも楽しいんだけど、友人や知人と一緒に遊ぶともっと楽しい。

画像画像 どこまで続くんだ! と思わずツッコミたくなるくらい長ーーーいマップ画面。中にははるか先の方まで進んでいる人も……

 「LINE POP」のようにライフやアイテムを送り合ったりする要素もあって、ゆるーいつながりの中でなんとなく協力しあったり、競争しあったりできるのもイイ感じ。ゲーム自体は無料で遊べるので(ライフやアイテム購入などで課金する仕組み)ぜひ友達を誘って遊んでみてはいかがでしょうか。欠点は色使いがアメリカンすぎて、このゲームの後にパズドラで遊ぶとドロップがものすごく色あせて見える点です(笑)。

画像 さらっとFacebook版とスマホ版でデータを共有してるのもすごい。家ではFacebook(PC)で遊んで、外ではiPhoneで続きを……みたいなこともできます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる