ニュース
» 2013年05月10日 17時12分 公開

テレビ欄にも載らなかった謎のホラードラマ「eveのすべて」 YouTubeで見たら鳥肌だった

放送は2012年ですが、面白かったのでご紹介します。

[ITmedia]

 「ぼくの名前はアダム。イヴのことなら何でも知っている。イヴは心優しい、清楚な女性。いつも見ています。いつもそばで見守っています。」

 フジテレビが2012年に放送した深夜のホラー番組「eveのすべて」という番組を知っていますか? 放送時間がランダムで、長さは5分だったり9分だったりと回によってまちまち、それでいてテレビ欄には情報が載っていないなど、全貌をつかみにくいミステリアスな番組でした。実はこの作品、YouTubeとも連動していて、全話がYouTubeの公式サイトで見られます。ただし、テレビ版とは内容が微妙に異なる部分もあるなど、謎が謎を呼ぶ仕掛けが設けられているようです。ブログで取り上げられ再び話題となりました。

「1/15」の回

photo YouTubeの公式チャンネル。カルトな雰囲気が漂っています

 物語に登場する主な人物は、「イヴ」と呼ばれる一人暮らしのOLと、彼女をイブと名付けてストーキングする「ADM(アダム)」。ADMのストーキング視点(盗撮カメラ?)で番組は進むのですが、この“ADMの目”はイブの家の中はもちろん、通勤中、そしてオフィスまで、ひたすら彼女を追いかけます。

 ストーリーの全容はぜひ作品を見て確かめてください。視聴者の感想を見ると、ネットやSNSが普及した社会、あるいはそれらを利用するユーザーを風刺したドラマだと捉える向きも多いようです。動画の公開先であるYouTubeそのものがサスペンスのギミックに盛り込まれているあたりからも、制作側のネットへの関心がうかがえます。

photo フジテレビの「cx-horrors」のコーナーにも「eveのすべて」の紹介が。監督は長江俊和さん

 どこまでも彼女を追跡できるこのADMは一体何者なのか――その謎の行方が見どころの1つとなっています。あなたはこの作品のラストを、どう感じますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声