ニュース
» 2013年05月10日 18時45分 公開

歴史は繰り返す 「ロッテ-西武」のサヨナラ暴投がネットで話題に、実は4年前も……

ネットの実況も盛り上がりました。

[ITmedia]

 5月9日にQVCマリンフィールド(千葉県千葉市)で行われたプロ野球「ロッテ−西武」戦はドラマチックな幕切れとなりました。さらに、その模様がある“歴史を繰り返した”ものだと各地で話題になっています。

 試合は延長11回裏まで同点で進み、西武はリリーフとして大石達也投手を起用。大石投手は学生時代に最速155キロメートルを記録した豪速球の持ち主で、今季は既に5セーブを獲得するなど守護神となり得る活躍をみせています。ところが、9日の試合ではのっけから四球、死球と続き、ノーアウトで2人の走者を抱えてしまいました。この後、送りバントで1アウトをとり、6番の鈴木大地選手を敬遠する満塁策にでます。続くバッターは荻野貴司選手。2ストライクと追い込むも、そこからワンバウンドの暴投をしてしまい、あえなく試合終了。相手のエラーで勝利を拾ったロッテは、連勝を8に伸ばし、首位に立ちました。

動画が取得できませんでした

 そして、この試合を観戦していた野球ファンはある光景を思い出します。4年前、2009年9月に行われた「ロッテ−西武」戦が、これと全く同じシチュエーションだったからです。この日の試合では、9回裏にリリーフで現れた大沼幸二投手が「四球→死球→送りバント→敬遠→暴投」と、大石投手と完全に同一の経緯を辿っていました。さらに興味深いのは2人の背番号が同じ15番なこと。これは2010年に入団した大石投手が、大沼投手から受け継いだ数字なのでした。ネット上では、大沼投手が“総帥”などの愛称をもつことから、大石投手を“新総帥”とする動きも一部で見られました。

画像 2009年のスコア。千葉ロッテマリーンズより

5月9日の試合のダイジェスト



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」