ニュース
» 2013年05月13日 16時36分 公開

インコを口に入れているような味の「インコ風味アイス」登場 上級者向けすぎるだろ!

どうもインコ好きの方々の愛情を甘く見ていたようです。

[ITmedia]

 「インコ風味アイスを早速試食!(略)口の中にインコ臭が広がるのですが鳥好き向けとしてはマニアック過ぎて大丈夫なのかと・・・!」

 インコを口の中に入れているようなお味という「インコ風味アイス」がTwitter上で話題になっています。


 インコ風味アイスは、小鳥を見ながらお茶を楽しめる兵庫県・神戸市のカフェ「とりみカフェ」(@torimicafe)が作ったオリジナルのカップアイスクリーム。同店主催のイベント「幸せを運ぶ小鳥の作品展2013」(5月8日〜13日、阪神百貨店梅田本店)のカフェ用に製作・販売されたもので、価格は1個280円。



 味は「ぶんちょ仕立てのフィンチアイス」、「オカメインコアイス」、「セキセイインコアイス」の3種類。とりみカフェさんの公式Twitterによると、ぶんちょ仕立ては「口の中に文鳥を突っ込んだときの胸の羽根の触感」、オカメインコ風味は「口を開けて寝ていた時に顔の上をオカメインコが走って足が口の中に入った様な感じ」が再現されているそうです。どういうことですか。

 実際のところ、オカメインコアイスにはひまわりとかぼちゃの種、乾燥蜜りんごが入っているなど、イメージのインコが口にするごはんを混ぜ合わせたアイスみたいです。




 とりみカフェさんによるTwitter上でのアイスの紹介文は、3日ほどで約1万3000回のリツイート数を記録。TogetterNAVERまとめではアイスへのさまざまな反応が見られます。「セキセイさんが、くちの中に……天国ッ!! 天国じゃないですか!」など、鳥好きの方々にはたまらないご様子。一方で「インコ臭アイスはレベル高すぎ……」と突き抜けた鳥への愛情に戸惑う人も見られますが、総じて多くはインコ風味という珍しい味に関心があるようです。

 注目が集まりイベントには問い合わせが殺到。11、12日とアイスは連日売り切れて人気商品となっています。もともとイベント限定品ですが、公式ブログによるとイベントでの売上次第では今後の店舗販売・通販の可能性もあるとのこと。インコを口に入れる風味……なんとも気になりますね。


画像 パッケージもかわいい(ことり(‏@kotolily)さんのツイートより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響