ニュース
» 2013年05月17日 15時17分 公開

鉄オタ以外も感動するレベル! 個人が作った鉄道運転シミュレーターの完成度がハンパない

「すげー!!」って声に出た。ホントに。

[ねとらぼ]

 いきなりですが、こちらの写真を見てください。

photo

 そう、電車の博物館によくある運転シミュレーターですね〜、いったいどこの博物館にあるやつかな……と思いきや、なんとこれ鉄道ファンの“手作り運転台”です。つまり博物館じゃなくて、どこぞの自宅に置いてあるということです。すごすぎる……! メーターは動くし(実は液晶が組み込まれてる)、ランプは点灯するし、ボタンは押せるし、音は鳴るし、おまけに運転台のちょっとくたびれた感じなんかも上手く再現されています。素人が想像する「手作り」の次元をはるかに超えちゃってますね、これ。

 運転台を作ったユーザーさんは、フリーの列車運転シミュレーター「Bve trainsim」(BVE)を使って飯田線の再現に務めているブログ「BVE飯田保線区」の中の人。ニコニコ動画に「全力で電車ゴッコするよ!【119系運転台/BVE飯田線】」という動画をアップして、運転台の製作課程や実際に運転している様子を公開しています。


 シミュレーターのソフトウェア側はBVEを利用し、運転台側は引退した119系をモチーフに工作しているそうです。構想から完成まで、なんと3年もの月日を費やしています。製作経費はだいたい25万円とのこと。もちろん個人の出費としては安くないですが、業務用のシミュレータの価格に比べればケタ違いにローコストでしょう。ちなみに人件費は……プライスレス!

photo この木材からあの運転台ができるなんて

photo メーターは液晶で再現していますが、風防が付いてることもあってか非常にリアルに見えました

photo ブレーキ弁の回路にはUSBゲームコントローラーを活用

photo 細かいプラ加工にも抜かりなし

 基本構造は木材を加工して作り、プラスチックの化粧板で木目を隠しているとのこと。メーターの風防など、実物パーツを組み込んだ部分もあるようですが、加工したプラスチックや削り出しの真鍮といった手作りパーツも多用されています。

 メーターは液晶パネルの埋め込みで表現し、ソフトウェアとの連動を実現。また、ソフトウェアと運転台の連携には、画面の輝点に反応して動作する光センサーなども使われているようです。感動的なのが16ノッチブレーキ弁の中身で、市販のUSBゲームパッドを活用するなどした本格的な電気工作っぷりがすごいです。

 動画でも工作の凄さは伝わってきますが、ブログにも製作過程が掲載されていますので、興味がある方は一読されることをオススメします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙