ニュース
» 2013年05月17日 20時22分 公開

女子中学生がCGアニメに物申す! 「おおかみこども」など手がけるデジタル・フロンティアに挑戦状が届く

対決は5月21日に行われるそうです。

[ITmedia]

 アニメ好きの女子中学生の行動力はときに凄まじいようです。アニメ「おおかみこどもの雨と雪」やゲーム「バイオハザード ダムネーション」などの映像制作を手がけたデジタル・フロンティアの所属プロデューサーによるツイートが注目を集めています。

 始まりは、女子中学生から会社にかかってきたという1本の電話。修学旅行で東京を訪れるタイミングで、会社訪問をしたいという連絡でした。彼女(たち)の目的は単なる見学ではなく、アニメ制作に関する意見を伝えること。「1時間ほど議論する場を設けてほしい」という依頼だったのです。

 中学生の主張は次のような内容でした。自分たちはアニメ映画が大好きで、特に人の手で作られた温かみのある作画や美術を愛している。ところが、昨今はCGを導入した作品が多く、デジタルで無機質なCGが入ってくると今後のアニメ映画がどうなるのか不安がある。そこでCG制作会社に直接話を聞いて意見を交換したい――まさに挑戦状です。

 突然の依頼にも関わらず、中学生の真剣な姿勢を感じとってか、会社側はこれを快諾。5月21日に議論の場が設けられることになりました。会社側は、女子中学生4人のチームに対抗するべく、男子4人チーム(CGディレクター3、制作部1)を結成。おまけに司会役はおおかみこどものプロデューサー・齋藤優一郎さんが務める予定です。

 議論の内容は、生徒たちの研究レポート「現代のCG技術〜未来のアニメ」とともに後日サイト上で公開するそうです。どんな議論になるのか楽しみですね。なお今回の中学生からの挑戦状を紹介したツイートはTogetterにまとめられているので、気になる方はあわせてどうぞ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」