ニュース
» 2013年05月20日 20時37分 公開

辞典アプリ「大辞泉」が“ソシャゲ風”に その理由は

使うほど利用可能な回数が減っていき、時間がたつと回数が回復する――「大辞泉」がソーシャルゲームのスタミナシステムのような方式を取り入れた。

[ねとらぼ]

 デジタル国語辞典「大辞泉」の新しいiPhoneアプリがこのほどリリースされた。無料アプリで、ソーシャルゲームのような要素を取り入れている点が独特だ。

 同アプリでは利用回数に上限があり、検索すると1減り、画像を表示すると3減る、というように使うごとに減っていく。回数が足りなくなると機能が使えなくなり、減った回数は時間がたつと回復するという、ソーシャルゲームで見られるスタミナシステムのようになっている。有料のアドオンを購入すれば、利用回数を回復(85円)したり、利用回数の制限を外したり(2000円)できる。

 開発を担当したHMDTはブログで、ソーシャルゲーム風にした理由について、App Storeで有料アプリが売れないことが背景にあると説明している。従来の「デジタル大辞泉」アプリは2000円とApp Storeでは高額な部類。ユーザーに触ってもらえれば気に入ってもらう自信はあるが、2000円のアプリではそのハードルが高いため、「無料にするしかなかった」と述べている。

 有料アドオンの販売方法は、はじめは機能ごとの販売という案もあったが、最終的に利用回数の制限に決まった。この方式であれば最初から無料ですべての機能が利用できる。「もちろん、ソーシャルゲームを参考にした。パズドラ好きだし」(HMDT)。この方式にするには「HMDT内部だけでなく、コンテンツ提供元である小学館さんも巻き込んで大論争」があったという。

 今後のポイントはアドオン課金率がどの程度になるかだ。同社は「ここは、アプリの出来と、コンテンツの中身の勝負だと思っている。このアプリのコンセプトとユーザインタフェースには自信があるし、バックグラウンドの技術もかなり先を見越して設計している」と自信を見せ、「とにかく、がんばりますよ」と結んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響