ニュース
» 2013年05月28日 16時06分 公開

Amazonの「タイガーバーム」商品名が長すぎる しかもなんかおかしい

恋の病にも効くらしいです。そんなわけあるか!

[ねとらぼ]

 シンガポールで開発され、日本をはじめアジア各国で販売されている軟膏薬「タイガーバーム」。Amazonでは本場シンガポールから輸入したタイガーバームも販売されているのですが、その商品名がなんだかおかしなことになっています。

画像 長過ぎる商品名

 タイガーバーム赤ラベルの商品名は、「タイガーバーム【赤ラベル】30グラム。効き目度数・超・強烈!!  凶暴な虎に一撃を喰らったかのような快感。甘くて危険な香りの野獣が、あなたの首に、足に、肩に、腰に、容赦なく襲いかかる! うーん、この気持ち良さ、過激な奴だゼ、タイガーバー夢【赤ラベル】」。って、長いよ! 商品名にセールスポイントを記入する手法はネット通販ではよく見られますが、いくらなんでも過剰です。凶暴な虎に一撃を喰らったことを快感だとして、使用者を勝手に全員ドMだと決め付けるなど、言っていることもちょいちょいおかしい。

画像 やっぱり長過ぎる商品名

 もう1つの白ラベルもやっぱり商品名が長いです。今度は「ええっ? 白ラベルって鼻づまりにも効くんですか?」など通販番組のような口調で商品をアピール。最後はテンションが上がってしまったのか「でも、さすがに恋の病には……ええ? 効くんですか? 本当ですか??」と締めくくっています。効かないよ! 塗り薬だろ!

 白ラベルは商品説明文も、「しばらくするとジワッと、うまく言葉にできませんが、イイ感じになってきました。この言葉はうまい説明ですね」などとうまいのかうまくないのかどっちか分からない「使用者の声」風の文章に。やたらとノリノリな商品ページですが、実際のカスタマーレビューでも星5つがほとんどとなっており、確かに効き目は素晴らしいようです。

関連キーワード

Amazon | 香り | 快感 | シンガポール | ネタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10