ニュース
» 2013年05月30日 19時22分 公開

ジャニーズの裸と児童ポルノ法案――「可能性」がもたらす多くの不安

あいまいな内容が持つ「可能性」が怖い。

[ねとらぼ]

 5月29日に自民・公明・日本維新の会の3党が国会に提出した児童ポルノ禁止法改正案が、物議を醸しています。議論の争点になっているのは、主に「単純所持」の禁止と、将来的に「児童ポルノに類する漫画など」の規制を検討している点です。アニメや漫画といった直接的な被害児童のいない創作物を規制することには、出版系の業界団体などが続々と反対を表明しています。(日本漫画家協会の声明日本雑誌協会・日本書籍出版協会の声明【PDF】全国同人誌即売会連絡会の声明コミックマーケット準備会の声明

 その一方で、アニメや漫画といった創作系の関係者・ファン以外からも、改正案に対する不安や危惧の声が出てきています。単純所持が禁止される児童ポルノとはいったい何なのか、その定義があいまいで拡大解釈できることが、不安を広げています。

ジャニーズの上半身裸と改正案

 みんなの党の山田太郎議員が公開した自民党の資料を見ると、改正案は「自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者、児童ポルノに係る電磁的記録を保管した者」に対して「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」を課します。作り手や売り手だけでなく、所有者を罰するというこの内容は、従来よりもはるかに幅広い国民にその影響が及ぶと考えられます。

 では、持ってはいけない児童ポルノとはどんなものなのか。現行法の第二条3項にはこうあります。

一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態

二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

 このうち三号で規定されたポルノ、俗にいう「三号ポルノ」はボーダーラインがあいまいで、かねてから問題視されることがありました。文面を素直に解釈すれば、児童が何かしら脱いでいて性的であれば、それは児童ポルノであるということです。

 こうしたあいまいな要素をはらんだまま単純所持禁止を含む改正案が出されようとしていることに危機感を持つ人々が出てきています。例えばTwitter上では、ジャニーズのアイドルが上半身をさらけだしているような写真はどうなのか、といった議論も巻き起こっています

photo Togetterのまとめ

 児童ポルノ禁止法改正の議論でしばしば引用される2009年6月26日の衆議院法務委員会(ニコニコ動画にアップされている動画議事録)では、民主党の枝野幸男氏が現行の三号ポルノの規定についてこう指摘しています。

例えば十六歳、十七歳の、わかりやすく言うとジャニーズなどの若い男の子が上半身裸でいる映像とかそういったステージとか、そういったものはたくさんあります。これは明らかに同世代の女の子たちの性欲を興奮させ、または刺激をしているというふうに思います。なおかつ、着衣の一部、つまり、上半身裸になって、あるいはステージの途中で着ていたものを上半身脱いだりするということがありますが、明らかにこれは条文上は入ってしまう。

 もちろん、それは社会通念上、そんなものは取り締まらないという現実になっているんでしょうけれども、こういったものが条文上入っていってしまうということは、もしかすると取り締まりの対象にされるかもしれない、そういう危険性があるという状況はやはり避けるべきである。

 論旨を噛み砕くと、(1)ジャニーズのセクシーシーンは「性欲を興奮させ、または刺激をしている」ものだが一般的にセーフライン、(2)ところが現行の三号規定はそうしたものが取り締まりの範ちゅうに入る可能性を持っている、と枝野氏は指摘しています。

 一方、児童ポルノの規制推進派として知られる自民党の葉梨康弘議員は自身のWebサイトでこのようなコメントをしています

 まず前置きしておくが、私は、「ジャニーズがショーの途中で上半身を脱いだ写真」は、「児童ポルノ」として扱うべきでないと思うし、個人的には、現行法上、「児童ポルノ」に該当しないのではと考えている。

 というのは、ジャニーズのショーは、そもそも、歌唱・ダンスを見せ、聴衆を元気づけるもので、ストリップショーのような性的なショーとは明らかに異なり、ジャニーズのショーの過程で、上半身裸となって歌う写真が撮られたとして、それは、「1つの思い出」であり、「性欲を興奮させ、刺激する」ものでないため、「児童ポルノ」から除外されると考えるからだ。

 葉梨氏の場合は、“ジャニーズのショーは「1つの思い出」であり、「性欲を興奮させ、刺激する」ものではない”という見解のようです。

 どちらの意見が正しいか以前に、このように政治家1人1人においても三号ポルノに対する解釈やその範ちゅうは変わってきます。そして今回の単純所持禁止がもし施行されれば、児童ポルノと認められたものは破棄しなくてはいけない可能性がでてきます。「やっぱりジャニーズの裸は性的で刺激的でケシカランものだ」という人が出てきたときに、「全部捨てなきゃ違法」ということが起こり得るのです。

 単純所持の禁止は、過去の資産も破棄しなければいけないという、一歩間違えれば焚書のような事態をもたらす影響力の高い規制です。にもかかわらず、どこにどう転ぶか分からないまま法改正が進もうとしていることが、不安を広げる大きな要因の1つといえそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい