ニュース
» 2013年06月10日 12時48分 公開

女装メイクのコツは「足し算ではなく引き算」――「男のメイク講座」でわたしも女の娘になれました!(1/2 ページ)

メイク未経験の男性記者が、女装メイクに初挑戦。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 “女装のための”メイク技術が学べる、男のメイク講座「NTメイクレクチャークラブ」を、「男の娘カフェ&バー NEWTYPE」(東京・秋葉原)が4月に開講した。

 男性と女性とでは肌や顔の作りが異なるため、男性が女性のメイク技術を参考にすると、不自然な顔に仕上がってしまう。社会に溶け込むような女装を目指す上で、男性の顔を前提にしたメイク技法を基礎から教えてもらえるのが同講座だ。

 文化祭などでチアガールやメイドのコスプレをする男子を見ながら、1度でいいから女装をしてみたいと思っていた記者(24歳・男)。やるならちゃんと女の子らしくなりたい! ということで講座を体験してきた。

いざ、女装メイクに挑戦!

 講座は「基本メイクレッスンコース」「アイメイクレッスンコース」など、テーマごとに分かれた5コースが用意されているが、今回はコースそれぞれのポイントを学びつつフルメイクに挑戦することに。女装メイクを仕事とする3人の講師のうち、テレビ番組で嵐メンバーの女装メイクもプロデュースしたという「女装のスペシャリスト」立花奈央子さんに教えていただいた。

画像 まだすっぴん状態の記者。いざ女装メイクに挑戦!

画像 今回使う化粧道具。数の多さでいえば女性のメイクと変わらないそうだ

 まずはベースメイクから。化粧を落としやすくするウォッシャブルベースを顔全体になじませたあと、シミや赤み、シワなどを周りの肌と同化させるため、コンシーラー、ファンデーションを塗っていく。

画像 自分でメイクするのははじめて。ファンデーションがムラなく塗れず、化粧道具の扱いの難しさを思い知る

 ポイントは顔の立体感をなくすよう、均質的にムラなく塗ること。男性の顔は彫りが深く、女性に比べ骨格の凹凸が大きい。女性のメイクはのっぺりとした顔に立体感を出していく“足し算”のメイクだが、女装メイクは立体感をなくす“引き算”のメイクだという。顔の明暗を均質化するベースメイクは、女性らしい顔作りには必要不可欠だ。

 ただでさえ顔の彫りが深い記者。女性のマネをしてハイライトなんてつけていたらゾンビのように骨が浮き上がっていたかも。ムラなく塗れるコツを教えてもらいながら、なんとか下地完了。悩んでいた赤みが消えてなんだか嬉しい。

画像 ベースメイク終了。犬神家のスケキヨを思い出した

女装後のケアも考えておく

 次に眉、目をつくっていく。ここで人生初のつけまつげ。偽物の毛をつけるよりマスカラで地毛を太く長くした方が自然に見えるのでは? と思いきや、つけまつげは女装の重要アイテムだった。

 趣味で女装をする場合、メイク跡が顔に残ってしまうと不都合も多い。あらかじめ落としやすい化粧品を選んだり、落としにくいマスカラではなく簡単に外せるつけまつげを選んだりと、あらかじめ女装後のケアを考えておくのも大切なのだそう。最初のウォッシャブルベースもそのためだ。

 というわけで、つけまつける。自分の顔にはない艶やかさが目にガツンと加わって、くすぐったい。

画像 つけまつけた

 チーク、リップを塗って、いよいよ肌のメイクが完成。元の髪型が女の子のショートヘアっぽいから、女装完了! ……と言いたいところだけど、まだ男っぽい。顔のエラのゴツさが邪魔だ。

画像 肌のメイク完了! まだ顔の端っこのゴツさが気になる

 メイクでもカバーしきれない凹凸を隠すのに便利なのがウィッグ。ロングヘアーのウィッグでエラを隠すと、それだけでぐっと女性っぽくなる。ウィッグはただ髪型を変えるだけでなく、選び方次第で男らしい部分を手っ取り早く覆ってしまえるアイテムなのだ。ショートボブ女子に憧れていたけど、理想よりも現実で女らしくなることが先決。ロングでいくことに。

画像 ウィッグで顔のエラも隠して、完成! カメラマンとしてもプロである立花さんに、女性らしく見えるポーズで撮ってもらった

内面も肯定される気持ちよさ

 心の中でメーイクアーップと唱えて、できあがり。鏡の中の自分が姉に似ていて複雑な気持ちになる。初メイクで身内に似ていると思うのは、なんでも“女装メイクあるある”とのこと。

 友達に写真を見せて率直な感想をもらう。鼻立ちや笑い方にまだ男らしさがあるという意見に、精神大ダメージ。一方、「こういった女性、普通に社会にいるいる!」と言ってくれる人もいて胸をなでおろす。女装姿が受け入れられるって、馬鹿にされるから隠しがちだった自分の女々しさが、内面も含めて肯定されているようで気持ちいい。

画像画像 ビフォー・アフター。見比べていかがだろうか

 今のところ受講生の8割が初心者で、初めてのメイクに満足しながら、女装で広がる新しい世界を楽しんでいっているという。仲間同士で情報や悩みを共有しあう交流もあるとのこと。講座は女装の世界へ踏み切る、いいスタート地点となっているようだ。

 続いて、講座を開いたカフェ&バー「NEWTYPE」もご紹介。人々が“男の娘”の接客に惹かれる理由とは?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」