ニュース
» 2013年06月10日 14時53分 公開

巨大うんちに鼻水おじさん? からだの仕組みが学習できる「からだのひみつ大冒険」

キタないモノにはワケがある。

[ITmedia]

 うんち、おしっこ、オナラ、ゲップ……。うんち、おしっこ、オナラ、ゲップ……。大事なことなので2回言いました。

 「からだの中のキタナイもの」をテーマに、巨大な人体の中を巡ってからだのしくみが学べる参加型の科学イベント「グロッソロジー『からだのひみつ大冒険 2013』」が、7月20日から9月1日までの期間、幕張メッセ(千葉県幕張市)で開催される。

 「からだのひみつ大冒険」は全米で1000万人の子どもたちを魅了したイベントで、関東初上陸となる。会場全体を人体に見立て、巨大な口から入り、食道から胃へと続くすべり台や大腸のトンネルを経て、食べ物がうんちになるまでを体験できる。途中、時々飛んでくる鼻水に注意しながら鼻水の原理を説明してくれたり、ゲップ少年に出会ったりとなかなか油断できない仕掛けもあるようだ。

 チケット価格は大人1600円(前売1400円)、子ども900円(前売700円)。

画像 からだのきたないものだって、ちゃんと大切な役割を持っている

画像 鼻水おじさんやすべりだ胃、おできクライミングなど子ども大喜び間違いなし

(C)からだのひみつ大冒険2013

関連キーワード

子供 | イベント | 学習 | 幕張メッセ | 参加型 | 科学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐