ニュース
» 2013年06月13日 16時38分 公開

イスラエル大使館の公式ゆるキャラついに決定 フィンランド大使館フィンたんも太鼓判

その名も「シャロウムちゃん」。なかなかのゆるキャラっぷりですよ。

[ITmedia]

 駐日イスラエル大使館の公式ゆるキャラが6月13日、募集開始から半年の時を経てついに決定しました。約500(!)の応募作の中から、50作が予選を通過し、Facebookでの一般投票と特別審査員による投票でトップ10が選ばれました。さっそくご紹介しましょう。

画像 まずは第10位「オリちゃんとリブくん」
画像 9位「スーウィさん」キモかわです
画像 8位「シャロームちゃん」
画像 7位「ポポちゃん」
画像 6位「マトコッテン君」
画像 3位は2作品。「フムスくん」と「しゃふぁんくん」
画像 2位は「イスヤエルくん。」
画像 そして1位! 「平和の大使 シャロウムちゃん」

 1位は「平和の大使 シャロウムちゃん」という鳥のキャラクター。ヘブライ語で平和を意味する「シャローム」とオウムをかけているんですね。手には平和の象徴であるオリーブを持ち、ダビデの星の冠をかぶっています。これからイスラエルの親善大使として活躍していきます。

画像 シャロウムちゃん、表彰式に乱入

 作者は大学院生の小澤優子さん。大学で聖書の勉強をしており、イスラエルに興味があったそうです。シャロウムちゃんは3日ほどで描き上げたとのこと。キャラクターやイラストのコンテストに応募するのは初めてで、1位に選ばれ「まさかと思いました」と喜びを語ってくれました。小澤さんには副賞としてイスラエル旅行が贈られます。

 コンテストは、若い世代にイスラエルを知ってもらうための取り組みとしてスタート。集まった作品の数とクオリティは大使館スタッフの予想を上回るものだったそうです。ニシム・ベンシトリット大使は「プロジェクトを始めた時、日本の方の反応をまったく予想できなかったが、500近い作品が集まって感銘を受けた」と述べました。

 今回のコンテストでは特別審査員として漫画家の一条ゆかりさんや、Twitterで人気の駐日フィンランド大使館(フィンたん)も参加しました。フィンたんはシャロウムちゃんに対し「とても良いと思います! ゆるキャラを体現している」と太鼓判。フィンたんとシャロウムちゃんのコラボにも期待したいですね。

画像 ベンシトリット大使(左)と受賞者の皆さん、一条ゆかりさん(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声