ニュース
» 2013年06月20日 10時18分 公開

メガネ型デバイスでプライバシーをガード カメラの顔認識を阻止

サングラスなどで顔を物理的に隠すのではなく、カメラの顔検出を阻害することでプライバシー侵害を防止する。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 これは、国立情報学研究所が開発した、カメラの顔認識を阻害する世界初のメガネ型デバイスです。

 意図せず写りこんだ写真が、時間や位置を含む情報とともにSNSなどにのせられ、撮影された人のプライバシーが侵害されることが問題となっていますが、このデバイスをつけることで、そういったプライバシーの侵害を撮影される側から防ぐことができます。

サングラスをかけてみます。しかしサングラスをかけただけでは、まだ顔を検出してしまいます。顔検出は、目と鼻の特徴的な部分を見ますので、目だけ隠しても顔検出を阻害するのは難しいです。こちらが私が開発したプライバシーバイザーです。近赤外線のLEDが11個付けられています。今電源をオンにします。すると、このように顔検出を阻害することができます。

この近赤外線のLEDは、人間の目には見えませんが、カメラの撮像デバイスを通してみると、光って見えます。何故こういった場所にあるのかというと、顔検出は、目の部分や鼻のある部分を暗いと見る、または鼻のある部分を明るいと見るという特徴があります。顔の暗い部分を中心に光源を配置する事で、顔検出の特徴量を破壊し、顔検出を失敗させることに成功したわけです。

 顔を物理的に隠す従来対策に比べ、この技術はメガネを付けるだけなので、人対人のコミュニケーションを阻害せずにプライバシー侵害を防止できます。

 ただ、人間の視覚と撮像デバイスの分光感度特性の違いを利用しているので、赤外線に反応しないカメラでは他の手法を使う必要があります。

そこで、今考えているのが外光を反射する素材を用いて電気を使わないバイザーです。例えばこのようなバイザーです。これは、外光を白く光らせる、または外光を吸収するというパターンで、顔検出の特徴を崩します。これによって、電気を使わずとも、このバイザーをかけることで顔検出を防ぐ事ができます。また、非常に安価に作ることができます。

関連キーワード

顔検出AF | プライバシー | カメラ | メガネ


Copyright(c) Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた