ニュース
» 2013年07月01日 09時54分 公開

都合のいい男になってない? 「サポセン男子」の切ない実態モテ機 Vol.58

「都合のいい女」という言葉があるが、実は「都合のいい男」もいる。その一種で、PCやスマホ、家電周りの“サポート役”として頼られる「サポセン男子」を取り上げたい。

[池田園子,ねとらぼ]

 平成生まれの若者に「アッシー」や「メッシー」「ミツグ君」の話をしても、キョトンとされるに違いない。しかし、アラサー、アラフォー世代の読者であれば「懐かしい(笑)」と感じてもらえると信じている。そんな昭和期の「便利男子」たちが、現代風によみがえって、続々と登場している。何パターンか存在するが、今回はPCやスマホ、家電系に関して、女子から絶大な信頼を寄せられている(でも恋愛対象ではない)「サポセン(サポートセンター)男子」の特徴について紹介したい。あなたもサポセン男子になっていないか、チェックしてみよう。

 サポセン男子は下記のようなケースで頼られることが多い。

ソフトの使い方が分からない

 「カメラやプリンターを買ったときに、一緒に入っているソフトってありますよね。あれをどう使ってインストールすればいいのか本当に分からなくて、いつも頼ってしまう男性がいます。残念ながら、まったく恋心はないですけどね」と話すのは、出版社に勤める29歳のA子。メカ系が得意な男子を呼び寄せて、最後まで設定をしてもらいながら「スゴイね! 私は全然わかんない」と連発し、正しく起動するのを確認してから「じゃ、ありがとね! 超助かった!」とバイバイする。うーん、ビジネスライクすぎる。何度もそういう目に遭っていながら、ホイホイと現場に行く男友達もいい人すぎると思う。ほかにもサポセン男子には「アプリのダウンロード方法が分からない」「インストールってどうすればいいの?」といった、そもそも系の質問が寄せられることが多い。

PCの調子が悪い

 女子のPCの調子が悪いときに、容赦なく電話がかかってきたり、呼び出されたりするサポセン男子。システム障害が起きたとき、真っ先に現場へ駆けつけるエンジニアのよう……。銀行に勤める26歳のB子は「PC系に詳しい男子に『PCの動きが遅いけど、どうすればいいの?』『PCの容量をアップさせたい』と相談することが多い」と話すが、これってお店に相談する類のものでは? どうしてあえて身近な男子に相談するの? 「お店へ持って行くのが面倒くさいからですね。その男子がうちに来ても、何もなくて安心だから相談してるんです。私たちふたりの間で、何かが起こることはないので」と断言された。何だか「街の便利屋さん」みたい……。

スマホに替えたい

 「先月、普通の携帯からスマホに買い換えたとき、知り合いの男性に頼りました」と話すのは、メーカーに勤める29歳のC子。スマホ情報に人一倍疎かったため、購入時は店に付き添ってもらったという。一見すると、普通のカップルのデートのようだが……。「いやいや、全然デートじゃないですね。彼は私の周りでスマホに詳しい人ってだけで、それ以上の感情はないので。スマホを手に入れた後、使い方のレクチャーもしてもらいたくて、2時間くらいカフェに寄りました。そこでだいぶマスターできました」と無邪気に語っているが、男子の側では買い物、カフェときて、デート気分だったかもしれない。一方、女子の側では単なる「スマホの使い方講習会」だったようだ。切ない。

無線LANの設定

 「ずっと有線でネットを引いていたのですが、最近Wi-Fiに買い換えました。でも、設定がまったく分からなくて、社内のITに詳しい男子を家に呼んで、設定してもらいました。周りにできる人がいて助かりましたね」と話すのはイベント関連会社に勤める26歳のD子。「別に彼氏でもない男性を家に入れることに抵抗はないです。それよりも早くインターネットを使えるようにしたくて」だとか。「得意なことは得意な人に頼る」というのが彼女の意見だった。

家電の配線

 前出のA子いわく「初めてひとり暮らしをすることになって、引っ越したのですが、一番困ったのはテレビのケーブル周り。いろんな差込口があって、複雑すぎて分からなくて。男友達を呼んだら、すぐに使えるようにしてくれました。持つべきものは友ですねぇ」。まさに、ザ・便利君。しかし、頼られないよりは頼られた方がいいのか……? 男子の皆さん、いかがですか? 

 PC・スマホ・家電周りの苦手な女子からは、常に頼られまくりなサポセン男子だけれど、決して「モテている」「恋愛対象として見られている」というわけではないようだ。一度サポセン男子の扱いを受けてしまうと、そこからなかなか抜けられない。気付いたときに方針を変える必要があるだろう。というわけで、上記をチェックして、都合のいい男で終わらないようにしていただきたい。

※編集部注:
筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。
もちろん、ただ親切なだけの男性もいると思いますよ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声