ニュース
» 2013年07月01日 09時54分 公開

都合のいい男になってない? 「サポセン男子」の切ない実態モテ機 Vol.58

「都合のいい女」という言葉があるが、実は「都合のいい男」もいる。その一種で、PCやスマホ、家電周りの“サポート役”として頼られる「サポセン男子」を取り上げたい。

[池田園子,ねとらぼ]

 平成生まれの若者に「アッシー」や「メッシー」「ミツグ君」の話をしても、キョトンとされるに違いない。しかし、アラサー、アラフォー世代の読者であれば「懐かしい(笑)」と感じてもらえると信じている。そんな昭和期の「便利男子」たちが、現代風によみがえって、続々と登場している。何パターンか存在するが、今回はPCやスマホ、家電系に関して、女子から絶大な信頼を寄せられている(でも恋愛対象ではない)「サポセン(サポートセンター)男子」の特徴について紹介したい。あなたもサポセン男子になっていないか、チェックしてみよう。

 サポセン男子は下記のようなケースで頼られることが多い。

ソフトの使い方が分からない

 「カメラやプリンターを買ったときに、一緒に入っているソフトってありますよね。あれをどう使ってインストールすればいいのか本当に分からなくて、いつも頼ってしまう男性がいます。残念ながら、まったく恋心はないですけどね」と話すのは、出版社に勤める29歳のA子。メカ系が得意な男子を呼び寄せて、最後まで設定をしてもらいながら「スゴイね! 私は全然わかんない」と連発し、正しく起動するのを確認してから「じゃ、ありがとね! 超助かった!」とバイバイする。うーん、ビジネスライクすぎる。何度もそういう目に遭っていながら、ホイホイと現場に行く男友達もいい人すぎると思う。ほかにもサポセン男子には「アプリのダウンロード方法が分からない」「インストールってどうすればいいの?」といった、そもそも系の質問が寄せられることが多い。

PCの調子が悪い

 女子のPCの調子が悪いときに、容赦なく電話がかかってきたり、呼び出されたりするサポセン男子。システム障害が起きたとき、真っ先に現場へ駆けつけるエンジニアのよう……。銀行に勤める26歳のB子は「PC系に詳しい男子に『PCの動きが遅いけど、どうすればいいの?』『PCの容量をアップさせたい』と相談することが多い」と話すが、これってお店に相談する類のものでは? どうしてあえて身近な男子に相談するの? 「お店へ持って行くのが面倒くさいからですね。その男子がうちに来ても、何もなくて安心だから相談してるんです。私たちふたりの間で、何かが起こることはないので」と断言された。何だか「街の便利屋さん」みたい……。

スマホに替えたい

 「先月、普通の携帯からスマホに買い換えたとき、知り合いの男性に頼りました」と話すのは、メーカーに勤める29歳のC子。スマホ情報に人一倍疎かったため、購入時は店に付き添ってもらったという。一見すると、普通のカップルのデートのようだが……。「いやいや、全然デートじゃないですね。彼は私の周りでスマホに詳しい人ってだけで、それ以上の感情はないので。スマホを手に入れた後、使い方のレクチャーもしてもらいたくて、2時間くらいカフェに寄りました。そこでだいぶマスターできました」と無邪気に語っているが、男子の側では買い物、カフェときて、デート気分だったかもしれない。一方、女子の側では単なる「スマホの使い方講習会」だったようだ。切ない。

無線LANの設定

 「ずっと有線でネットを引いていたのですが、最近Wi-Fiに買い換えました。でも、設定がまったく分からなくて、社内のITに詳しい男子を家に呼んで、設定してもらいました。周りにできる人がいて助かりましたね」と話すのはイベント関連会社に勤める26歳のD子。「別に彼氏でもない男性を家に入れることに抵抗はないです。それよりも早くインターネットを使えるようにしたくて」だとか。「得意なことは得意な人に頼る」というのが彼女の意見だった。

家電の配線

 前出のA子いわく「初めてひとり暮らしをすることになって、引っ越したのですが、一番困ったのはテレビのケーブル周り。いろんな差込口があって、複雑すぎて分からなくて。男友達を呼んだら、すぐに使えるようにしてくれました。持つべきものは友ですねぇ」。まさに、ザ・便利君。しかし、頼られないよりは頼られた方がいいのか……? 男子の皆さん、いかがですか? 

 PC・スマホ・家電周りの苦手な女子からは、常に頼られまくりなサポセン男子だけれど、決して「モテている」「恋愛対象として見られている」というわけではないようだ。一度サポセン男子の扱いを受けてしまうと、そこからなかなか抜けられない。気付いたときに方針を変える必要があるだろう。というわけで、上記をチェックして、都合のいい男で終わらないようにしていただきたい。

※編集部注:
筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。
もちろん、ただ親切なだけの男性もいると思いますよ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」