ニュース
» 2013年07月17日 09時19分 公開

芸術都市パリの情熱の灯火はおとろえず 「ジャパンエキスポ2013」に密着

21万人以上が訪れたパリのジャパンエキスポ。来場者は若いオタク層のみならず、幅広い年齢層の人々の姿が目立ち、家族連れの参加も少なくなかった。

[Tokyo Otaku Mode]
tokyoOtakuMode

 2013年7月8〜12日、パリ・ノール・ヴィルパント展示会会場にて、ヨーロッパ最大の日本エンターテイメントの祭典「ジャパンエキスポ2013」が開催された。

 会場ではアニメやマンガ、ゲーム、音楽のイベント・作品展示・商品販売がいたるところで展開。ポップカルチャーのみならず、伝統芸能や観光、スポーツ、先端技術をテーマにしたブース出展、イベントも行なわれ、まさに“お祭り”の様相を呈した。

 今年の入場者数は、前年より多い21万人以上を記録。その記録を立証するように、会場への入場口には毎日、長蛇の列ができあがった。若いオタク層のみならず、幅広い年齢層の人々の姿が目立ち、家族連れの参加も少なくなかった。

 会場内でのコスプレは、「ドラゴンボール」や「ゼルダの伝説」「Final Fantasy」など定番のシリーズに加え、「黒子のバスケ」「進撃の巨人」「ソードアート・オンライン」など話題作品のコスプレを披露する人も多く、彼らの流行に対する敏感度、コスプレイヤーとしての情熱が垣間見られた。各コスプレイヤーの世界観の演出ぶりは、人の目を引く、高いレベルの仕上がりに。

 エヴァンゲリヲンの展示コーナーでは、資料だけでなく、アニメの制作過程の分かる動画が公開された。CGでイラストが精細に作り込まれていく様子に、思わず足を止める人の姿も。アマチュアブースでは一般の人が絵やマンガ、ゲームだけでなくハンドメイド作品を販売しており、オタク文化好きが高じた二次創作に対する関心の高さが見て取れた。

 そして、エヴァンゲリヲンとは対象的に、日本で「ゆるキャラ」と言われるオリジナルキャラクターの存在感が高かった。日本の熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」と、滋賀県彦根市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」が、所狭しと会場内や舞台を駆けめぐり、入場者の目を楽しませた。

 食品ブースでは、ラ・デファンス(La Défense)地区でお弁当屋さんを運営する「mabento」などが会場へ出張し、おいしい日本食が展開された。中でもたこ焼きや焼きそばが人気で、こちらも長蛇の列ができあがった。また、かき氷も人気を博した。日本では定番となっているイチゴ味・レモン味などのほかに、ミント味・カシス味が用意され、熱気で少し蒸し暑くなった会場内で涼しさを感じるにはうってつけのメニューだった。ほかにもお寿司やお弁当、日本酒、うどん、和菓子など豊富な日本食メニューが取り揃えられた。

 今回も、ジャパンエキスポは入場者の熱気に包まれたままその幕を閉じた。芸術の都と称されるパリの、そしてフランス、ヨーロッパの人々の新しいものに対する情熱、寛容さはおとろえず、と言ったところだろうか。年を追うごとにイベントのスケールが大きくなり、あらためて日本文化への関心の高さがうかがえた。次回のジャパンエキスポも、イベントのさらなる飛躍が期待される。ふたたび開催される日をお楽しみに!

英文:Paris’ Passion for Otaku Culture Hasn’t Dwindled: Japan Expo 2013 Report

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」