ニュース
» 2013年07月19日 09時00分 公開

うなぎがなければナスを食べればいいじゃない 見た目は「うな丼」ソックリな「ナスの蒲焼き丼」作ってみたねとめし

土用の丑の日にちなみ、うな丼……っぽいものを作ってみた。

[池田園子,ねとらぼ]

 7月22日は土用の丑の日。皆さん、うなぎ食べてますか? しかし、昨今はうなぎのお値段が上昇し続けるという、うなぎ好きには辛い時代……。そこで気分だけでも「うなぎモード」になれる、うな丼っぽいものを作ってみた。うなぎを買わなくてもOKなので、金欠のとき用レシピとしても、覚えておくといいよ!

画像 クックパッド「鰻に見えたら成功?なすの蒲焼き丼」

 クックパッド掲載のレシピが参考になる。材料はナス2本、砂糖、しょうゆ、みりんを各大さじ3。筆者はより蒲焼き感を出すため、また健康への配慮のため、白砂糖ではなく、茶色のきび砂糖を使用している。

画像 メインの材料はナス、砂糖、しょうゆ、みりん

 とにかく簡単な作り方に驚きつつ、下ごしらえからスタート。まず、ナスの皮をむく。白い身をむき出しにした後、皿に並べてラップをかけ、全体がしんなりと柔らかくなるまで、レンジで3分ほど加熱する。

画像 ナスは皮をむいてレンジでチン

 その待ち時間を使ってタレ作りを行う。砂糖、しょうゆ、みりんを、それぞれ大さじ3杯ずつ取って、混ぜ合わせるだけだ。きび砂糖を溶かすため、勢いよく混ぜる姿は、写真から大いに伝わったことかと思う。ちなみに、砂糖が溶けにくい場合は、タレをレンジで数十秒温めればOK。

画像 砂糖、しょうゆ、みりんを混ぜ合わせてタレ作り

 そうこうしているうちに、ナスの加熱が終了。レンジから取り出すときに、皿が異様に熱くなっているので、やけどに注意したい。

 ここでナスの中心を菜箸でやさしくなぞり、一本線を引いていく。それから線に沿って、ナスを少しずつ開いて平らにする。あまり勢いよくやってしまうと、ナスが縦に二等分されてしまうので、慎重に行うこと。やさしく、とにかくソフトタッチを意識しよう。

画像 チンしたナスの真ん中に菜箸で線を引く

画像 線に沿って菜箸でやさしく開いていく

 ここで、熱したフライパンに油を引いてナスを並べる。両面に焼き目がつくまで、弱〜中火で5分強、じっくりと焼こう。適度に焦げ目がついたら、作っておいたタレを回しかけて、煮詰めるようにすれば完成!

 実はこのとき「ちゃんと蒲焼きっぽくなるのか?」「まだ完全にナスの色じゃん!」などと、キッチンでひとり慌てふためいていた筆者。タレ投入時の写真がないことをお許しいただきたい……。

画像 油を引いたフライパンにナスを並べる

 ナスを焼いている間や、タレを入れたばかりのタイミングでは不安が募るが、タレと一緒に煮詰めるうちに、次第に蒲焼き感が出てくる。なるべく強火にしつつ、焦がさないように進めよう。

 ナスにタレが絡まりテカテカしてきたら火を消して、熱々のごはんの上にナスを載せる。刻み海苔を適量パラパラと振ってもおいしい。

画像 タレと煮詰めたナスの蒲焼きをごはんにONし、適宜刻み海苔もかける

「今日はうなぎですよ」と言われても信じてしまいそう?

 見た目、うな丼に見えませんか? 家族も「(見た目は)うな丼だ!」と感動していた。申告しない限り、口の中へ入れるまではだまし通せると思う。食べてみたところ、味はもちろんナス。そりゃそうだ。でも、タレは明らかにうな丼のタレだし、ふんわりとした柔らかい食感もうなぎに近いものがある。こってり系なので、うなぎのようにボリュームもある。

 うな丼を食べたいけれど、買いに行く・食べに出るのが面倒な人、家にナスが余っている人、こってりしたものが食べたい人、家族や恋人を驚かせたい人などは、一度「ナスの蒲焼き丼」を作ってみてはいかが? 面白い反応が返ってくることは間違いないし、意外とハマるのでおすすめだ。

関連キーワード

うなぎ | クックパッド | 面白い | レシピ | 作り方


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響