ニュース
» 2013年07月29日 14時13分 公開

由緒正しい初音ミク痛車から、話題の原寸大戦闘車両にパワードジャケット、海洋堂渾身のイモムシまでワンダーフェスティバル2013[夏]

いろいろな方向性のリアルな展示を見てきました。

[種子島健吉,ねとらぼ]

ワンフェス2013[夏]開催!

 2013年7月28日、千葉県の幕張メッセで「ワンダーフェスティバル2013[夏]」が開催されました。各ディーラー、方向性は違えどもいろいろな意味でリアルな展示の数々がありましたので紹介します。

 まずはマックスファクトリー&グッドスマイルカンパニーのブースから、由緒正しい初音ミクの痛車「GSR HATSUNE MIKU BMW」です。どのへんが由緒正しいのかというと、この車両はレンタルサービス用レプリカとはいえ、グッドスマイルレーシングで2012年にSUPER GTに実際に参戦し走行していたもので、それを2013年モデルと同じデザインにしたという実車なんです。個人スポンサーも募集中ということですので、ご興味のある読者諸兄姉は公式ホームページを見てみてはいかがでしょうか。

画像

画像

 さて次も原寸大の車両なのですが、旧日本軍の「九十五式軽戦車(ハ号)」です。こちらは米国のテレビドラマ撮影用の大道具のひとつとして制作されたレプリカなのですが、エンジンこそフォード製を使用しているもののサスペンションも可動するし、なんと自走も可能なんです。

 ただし、そもそもの状態では撮影に影響ない部分は再現されずに省略されていたり、不正確な塗装で迷彩パターンも再現度が低かったため、そこはきちんとやり直したそうです。さすが、ケッテンクラートのレストアでもこだわりを見せてくれたカマドです。

画像

 今度はドイツ軍の車両「空挺戦闘車 ヴィーゼル2」なのですが、こちらただのレプリカではなく、プラモデルを1/1で再現してしまうという活動をしている団体、「プラモデルを1/1で作る会」制作による、精密かつ巨大で自走可能なプラモデル(?)です。「いったいどうやって作ったの?」と思ったら、論より証拠でメイキング映像を観ていただきたいと思います。

画像

 そして、ねとらぼでも紹介していた「PDFクラフト ギュゲス1/1」と「パワードジャケットMK3」でしたが、それぞれ単体のみでも成立していながら、実は大日本技研と佐川電子によるコラボレーション企画も用意されていたということが判明しました。ワンダーフェスティバル2014[冬]を目指し、「ランドメイド ギュゲス」として人間が実際に乗り込んで操縦できる機体として制作するそうです。

画像

画像

画像

画像

 ここからはちょっと小さい展示物の紹介です。先日紹介したマイルストン、アオシマのコラボレーションによる洋式トイレプラモの金メッキ版「俺たちの1/12 洋式便所 秀吉の金メッキ個室版【ソフマップ限定販売】」(価格2180円、2013年9月発売予定)。そして、鋭意開発中とアナウンスされていた和式トイレプラモの試作品がとうとうお目見えです(価格は2000円程度、2013年内発売を目指して開発中)。

画像

画像

画像

 最後に紹介するのは、海洋堂のカプセルトイ「カプセルQミュージアム」の新作の中でも、異彩を放っていた「イモコレ! イモムシストラップコレクション」(価格1回300円。2013年9月20日頃発売予定)です。いつも通り良い仕事といいますか、造形も彩色も素晴らしいので昆虫……というよりも、蝶と蛾の幼虫が苦手な読者諸兄姉は画像を直視しないほうが身のためかも知れません。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」