ニュース
» 2013年08月15日 11時00分 公開

1回チョップして8時間寝るだけ 謎の整体「チョップ整体院」へ行ってきた

院長「すまんな、少し眠っててくれ(トン)」ぼく「うっ」

[たろちん,ねとらぼ]

 首を1回チョップして8時間寝るだけで体のゆがみが治る。そんな謎の整体を知ったのはバラエティ番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」で紹介されていたのがきっかけだった。番組では三村さんがチョップ体験をしてリアクションを取るというあっさりした形で終わっていたのだが、正直「そんなのでほんとに効果あるの?」と思った。僕は自分の目で見たことしか信じない! というわけで、東京・国分寺にある「チョップ整体院」に行ってきました。

画像 チョップ整体院


いきなりパンツ1枚に

 JR国分寺駅から徒歩10分。閑静な住宅街のごく普通の一軒家に「チョップ整体院」の看板が出ている。院長の秋澤順一さんに出迎えられて中に入ってみると、見た目以上にごく普通の一軒家で、施術を受けに来たというより夏休みに親戚のおじさんの家に遊びに来たって雰囲気だ。

画像 圧倒的な普通のおうち感

画像 さまぁ〜ずのサインや写真もありました

 「じゃ、早速着替えてチョップしましょう」と院長に促され、持参した寝巻きに着替える。他人の家にお邪魔して、次の瞬間にはもうパンツ1枚になっている自分。色んな意味で「遠いところに来ちゃったな」と思った。

 さまぁ〜ずの写真などに感動しつつカルテを記入したら、診察スタート。腕や手首を回す、アゴの開閉を調べる、といった検査をして体のゆがんでいる部分をチェックしていく。次に足の下に複数の板を入れ、もう一度同じ動きをして体のバランスを調整する。つまり腕や手がしっかり回る時、足の下にある板の枚数が自分の体のゆがみを表すということになる。僕は随分と前後左右にゆがんでいたようで、最終的に足の下が板だらけになった。

画像 腕の動きや呼吸のスムーズさで体のゆがみが分かる

画像 ゆがんでいる分だけ足の下に板を入れて治す角度を測る

 聞いてなるほどと感心したのは、「人間は自分で自然と体のゆがみのバランスを取ろうとしている」という話。例えば僕はよく足を組む癖があるのだけれど、普通に座るよりも足を組んでいる状態のほうが手首の回りもいいし深呼吸をしても空気をたくさん吸えるのだ。体がゆがんでいるから足を組みたくなる。これを解消するのが整体の目的だ。

いよいよチョップ

 検査が終わるといよいよチョップとなる。チョップといっても瓦割りの要領で僕の首に空手チョップをくらわす、というのではなく、あらかじめ首に手をあててそのままグッと押すようなイメージだ。こう聞くと「なんだ、地味じゃん」と思うでしょう? ところがどっこい、施術台に無防備に寝た状態で首に手をあてられるのは異様な緊張感がある。構図だけ見ればギロチン処刑と同じだ。

画像 チョップ執行人と僕

 院長が角度の最終確認をしている間、院長の股の間から外の景色を眺めてじっと刑の執行を待つ僕。院長が「じゃ、チョップしますね」と言った次の瞬間、「バァン!」という音がして付き添いで来ていた編集さんが「うわっ!」と声をあげた。多分、僕が死んだと思ったのだろう。

 実際のところ、施術台の音は大きいけれど僕自身は首を軽く押された程度の感覚で痛みも全くなかった。「えっ、これでいいの?」という感じだが、目の奥がスーッとして全身がフワフワした感覚に包まれたのを覚えている。これがチョップの効果なのか、単にビックリしただけなのかは分からないけれど、立ち上がってみると足の下に板を入れなくても手足がスムーズに回るようになっていた。うーん、なんだか手品のようだ。


おやすみなさい

 あとは寝室に移動して8時間寝るだけ。やや固めのベッドに横になると、院長がバスタオルを重ねて作った枕の高さを調整してくれる。治したばかりの首はまだ不安定。これがすぐにズレてしまうのを防ぐために、枕の高さと8時間の睡眠が重要になる。だから寝るだけと言ってもゴロゴロしながら漫画を読んだりDSをやってていいわけではない。そこがチョップ整体と親戚のおじさん家との最大の違いだ。

画像 圧倒的な普通の寝室感

画像 バスタオルを重ねて枕の高さを調整

 電気が消えて1人になると、わりとあっさり眠りにつくことができた。ちょくちょく院長が様子を見に来て、枕の位置を調整してくれる。しばらくすると腰や背中の辺りを中心に、全身がじわーっと温かくなってきた。それからなぜか左の足首が妙に痛い。今まで神経が通ってなかった部分、つまり体の悪い部分にこういう症状が出るそうで、僕の場合は施術後2、3日間痛みが残っていた。首をチョップされたのに足が痛いというのは不思議だが、少なくとも体になんらかの効果が現れているのは確かだ。


「寝るだけ」は自分で治す治療法

 全ての神経の源である首のズレを直すことで、体のゆがみから内臓の不調までを解消しようというのがこのチョップ整体。実はこうした整体は、「カイロプラクティック」と呼ばれる伝統的な整体で、日本でも以前から行われてきたものだ。

 チョップ整体院の真髄は、チョップそのものよりも「8時間寝ること」にあると院長は言う。通常の整体は週に何度も通わなければならないようなものも多いが、チョップ整体の施術回数はわずか1〜2回、多い人でも3〜4回。1回にかかる時間は長いもの、のその分しっかりと体を回復させることで施術回数を大幅に減らすことができるのだそうだ。お財布に優しい整体でもある(料金は初回1万円/2回目以降は検査無料・休息のみ5000円・施術1万円)。

画像 自らがチョップ整体を受けて感動したことがこの道に入るきっかけだったという院長の秋澤順一さん

 8時間寝るだけ、というとすごいうまい話のように聞こえるけど、仰向けで8時間寝続けるのは結構大変だ。最初の4時間くらいはいいのだけど、次第に眠気もなくなってくるし寝返りもほとんど打てないので体も痛くなってくる。ただ、その分自分が治療に参加しているという実感もある。なんとか8時間を乗り越えた後はちょっとした達成感があった。正直、「寝る」ってことをナメてました。すいません。

 体のゆがみの原因は、姿勢や歩き方など日常生活にあることがほとんど。逆に言うと、自分で治そうという心がけがなければどんなに整体に通っても根本的な解決にはならないのだ。チョップ整体院で「寝るだけ」の8時間は、そういうことを身をもって実感させてくれた。

関連キーワード

睡眠 | 治療 | 医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」