ニュース
» 2013年08月15日 11時00分 公開

1回チョップして8時間寝るだけ 謎の整体「チョップ整体院」へ行ってきた

院長「すまんな、少し眠っててくれ(トン)」ぼく「うっ」

[たろちん,ねとらぼ]

 首を1回チョップして8時間寝るだけで体のゆがみが治る。そんな謎の整体を知ったのはバラエティ番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」で紹介されていたのがきっかけだった。番組では三村さんがチョップ体験をしてリアクションを取るというあっさりした形で終わっていたのだが、正直「そんなのでほんとに効果あるの?」と思った。僕は自分の目で見たことしか信じない! というわけで、東京・国分寺にある「チョップ整体院」に行ってきました。

画像 チョップ整体院


いきなりパンツ1枚に

 JR国分寺駅から徒歩10分。閑静な住宅街のごく普通の一軒家に「チョップ整体院」の看板が出ている。院長の秋澤順一さんに出迎えられて中に入ってみると、見た目以上にごく普通の一軒家で、施術を受けに来たというより夏休みに親戚のおじさんの家に遊びに来たって雰囲気だ。

画像 圧倒的な普通のおうち感

画像 さまぁ〜ずのサインや写真もありました

 「じゃ、早速着替えてチョップしましょう」と院長に促され、持参した寝巻きに着替える。他人の家にお邪魔して、次の瞬間にはもうパンツ1枚になっている自分。色んな意味で「遠いところに来ちゃったな」と思った。

 さまぁ〜ずの写真などに感動しつつカルテを記入したら、診察スタート。腕や手首を回す、アゴの開閉を調べる、といった検査をして体のゆがんでいる部分をチェックしていく。次に足の下に複数の板を入れ、もう一度同じ動きをして体のバランスを調整する。つまり腕や手がしっかり回る時、足の下にある板の枚数が自分の体のゆがみを表すということになる。僕は随分と前後左右にゆがんでいたようで、最終的に足の下が板だらけになった。

画像 腕の動きや呼吸のスムーズさで体のゆがみが分かる

画像 ゆがんでいる分だけ足の下に板を入れて治す角度を測る

 聞いてなるほどと感心したのは、「人間は自分で自然と体のゆがみのバランスを取ろうとしている」という話。例えば僕はよく足を組む癖があるのだけれど、普通に座るよりも足を組んでいる状態のほうが手首の回りもいいし深呼吸をしても空気をたくさん吸えるのだ。体がゆがんでいるから足を組みたくなる。これを解消するのが整体の目的だ。

いよいよチョップ

 検査が終わるといよいよチョップとなる。チョップといっても瓦割りの要領で僕の首に空手チョップをくらわす、というのではなく、あらかじめ首に手をあててそのままグッと押すようなイメージだ。こう聞くと「なんだ、地味じゃん」と思うでしょう? ところがどっこい、施術台に無防備に寝た状態で首に手をあてられるのは異様な緊張感がある。構図だけ見ればギロチン処刑と同じだ。

画像 チョップ執行人と僕

 院長が角度の最終確認をしている間、院長の股の間から外の景色を眺めてじっと刑の執行を待つ僕。院長が「じゃ、チョップしますね」と言った次の瞬間、「バァン!」という音がして付き添いで来ていた編集さんが「うわっ!」と声をあげた。多分、僕が死んだと思ったのだろう。

 実際のところ、施術台の音は大きいけれど僕自身は首を軽く押された程度の感覚で痛みも全くなかった。「えっ、これでいいの?」という感じだが、目の奥がスーッとして全身がフワフワした感覚に包まれたのを覚えている。これがチョップの効果なのか、単にビックリしただけなのかは分からないけれど、立ち上がってみると足の下に板を入れなくても手足がスムーズに回るようになっていた。うーん、なんだか手品のようだ。


おやすみなさい

 あとは寝室に移動して8時間寝るだけ。やや固めのベッドに横になると、院長がバスタオルを重ねて作った枕の高さを調整してくれる。治したばかりの首はまだ不安定。これがすぐにズレてしまうのを防ぐために、枕の高さと8時間の睡眠が重要になる。だから寝るだけと言ってもゴロゴロしながら漫画を読んだりDSをやってていいわけではない。そこがチョップ整体と親戚のおじさん家との最大の違いだ。

画像 圧倒的な普通の寝室感

画像 バスタオルを重ねて枕の高さを調整

 電気が消えて1人になると、わりとあっさり眠りにつくことができた。ちょくちょく院長が様子を見に来て、枕の位置を調整してくれる。しばらくすると腰や背中の辺りを中心に、全身がじわーっと温かくなってきた。それからなぜか左の足首が妙に痛い。今まで神経が通ってなかった部分、つまり体の悪い部分にこういう症状が出るそうで、僕の場合は施術後2、3日間痛みが残っていた。首をチョップされたのに足が痛いというのは不思議だが、少なくとも体になんらかの効果が現れているのは確かだ。


「寝るだけ」は自分で治す治療法

 全ての神経の源である首のズレを直すことで、体のゆがみから内臓の不調までを解消しようというのがこのチョップ整体。実はこうした整体は、「カイロプラクティック」と呼ばれる伝統的な整体で、日本でも以前から行われてきたものだ。

 チョップ整体院の真髄は、チョップそのものよりも「8時間寝ること」にあると院長は言う。通常の整体は週に何度も通わなければならないようなものも多いが、チョップ整体の施術回数はわずか1〜2回、多い人でも3〜4回。1回にかかる時間は長いもの、のその分しっかりと体を回復させることで施術回数を大幅に減らすことができるのだそうだ。お財布に優しい整体でもある(料金は初回1万円/2回目以降は検査無料・休息のみ5000円・施術1万円)。

画像 自らがチョップ整体を受けて感動したことがこの道に入るきっかけだったという院長の秋澤順一さん

 8時間寝るだけ、というとすごいうまい話のように聞こえるけど、仰向けで8時間寝続けるのは結構大変だ。最初の4時間くらいはいいのだけど、次第に眠気もなくなってくるし寝返りもほとんど打てないので体も痛くなってくる。ただ、その分自分が治療に参加しているという実感もある。なんとか8時間を乗り越えた後はちょっとした達成感があった。正直、「寝る」ってことをナメてました。すいません。

 体のゆがみの原因は、姿勢や歩き方など日常生活にあることがほとんど。逆に言うと、自分で治そうという心がけがなければどんなに整体に通っても根本的な解決にはならないのだ。チョップ整体院で「寝るだけ」の8時間は、そういうことを身をもって実感させてくれた。

関連キーワード

睡眠 | 治療 | 医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  5. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  6. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  7. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  8. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  9. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる
  10. /nl/articles/2201/19/news162.jpg 「アキラかにきむすばですやん!」 声優の木村昴、『AKIRA』大友克洋のツイートに偶然写り込んでしまう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」