1回チョップして8時間寝るだけ 謎の整体「チョップ整体院」へ行ってきた

院長「すまんな、少し眠っててくれ(トン)」ぼく「うっ」

» 2013年08月15日 11時00分 公開
[たろちん,ねとらぼ]

 首を1回チョップして8時間寝るだけで体のゆがみが治る。そんな謎の整体を知ったのはバラエティ番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」で紹介されていたのがきっかけだった。番組では三村さんがチョップ体験をしてリアクションを取るというあっさりした形で終わっていたのだが、正直「そんなのでほんとに効果あるの?」と思った。僕は自分の目で見たことしか信じない! というわけで、東京・国分寺にある「チョップ整体院」に行ってきました。

画像 チョップ整体院


いきなりパンツ1枚に

 JR国分寺駅から徒歩10分。閑静な住宅街のごく普通の一軒家に「チョップ整体院」の看板が出ている。院長の秋澤順一さんに出迎えられて中に入ってみると、見た目以上にごく普通の一軒家で、施術を受けに来たというより夏休みに親戚のおじさんの家に遊びに来たって雰囲気だ。

画像 圧倒的な普通のおうち感

画像 さまぁ〜ずのサインや写真もありました

 「じゃ、早速着替えてチョップしましょう」と院長に促され、持参した寝巻きに着替える。他人の家にお邪魔して、次の瞬間にはもうパンツ1枚になっている自分。色んな意味で「遠いところに来ちゃったな」と思った。

 さまぁ〜ずの写真などに感動しつつカルテを記入したら、診察スタート。腕や手首を回す、アゴの開閉を調べる、といった検査をして体のゆがんでいる部分をチェックしていく。次に足の下に複数の板を入れ、もう一度同じ動きをして体のバランスを調整する。つまり腕や手がしっかり回る時、足の下にある板の枚数が自分の体のゆがみを表すということになる。僕は随分と前後左右にゆがんでいたようで、最終的に足の下が板だらけになった。

画像 腕の動きや呼吸のスムーズさで体のゆがみが分かる

画像 ゆがんでいる分だけ足の下に板を入れて治す角度を測る

 聞いてなるほどと感心したのは、「人間は自分で自然と体のゆがみのバランスを取ろうとしている」という話。例えば僕はよく足を組む癖があるのだけれど、普通に座るよりも足を組んでいる状態のほうが手首の回りもいいし深呼吸をしても空気をたくさん吸えるのだ。体がゆがんでいるから足を組みたくなる。これを解消するのが整体の目的だ。

いよいよチョップ

 検査が終わるといよいよチョップとなる。チョップといっても瓦割りの要領で僕の首に空手チョップをくらわす、というのではなく、あらかじめ首に手をあててそのままグッと押すようなイメージだ。こう聞くと「なんだ、地味じゃん」と思うでしょう? ところがどっこい、施術台に無防備に寝た状態で首に手をあてられるのは異様な緊張感がある。構図だけ見ればギロチン処刑と同じだ。

画像 チョップ執行人と僕

 院長が角度の最終確認をしている間、院長の股の間から外の景色を眺めてじっと刑の執行を待つ僕。院長が「じゃ、チョップしますね」と言った次の瞬間、「バァン!」という音がして付き添いで来ていた編集さんが「うわっ!」と声をあげた。多分、僕が死んだと思ったのだろう。

 実際のところ、施術台の音は大きいけれど僕自身は首を軽く押された程度の感覚で痛みも全くなかった。「えっ、これでいいの?」という感じだが、目の奥がスーッとして全身がフワフワした感覚に包まれたのを覚えている。これがチョップの効果なのか、単にビックリしただけなのかは分からないけれど、立ち上がってみると足の下に板を入れなくても手足がスムーズに回るようになっていた。うーん、なんだか手品のようだ。


おやすみなさい

 あとは寝室に移動して8時間寝るだけ。やや固めのベッドに横になると、院長がバスタオルを重ねて作った枕の高さを調整してくれる。治したばかりの首はまだ不安定。これがすぐにズレてしまうのを防ぐために、枕の高さと8時間の睡眠が重要になる。だから寝るだけと言ってもゴロゴロしながら漫画を読んだりDSをやってていいわけではない。そこがチョップ整体と親戚のおじさん家との最大の違いだ。

画像 圧倒的な普通の寝室感

画像 バスタオルを重ねて枕の高さを調整

 電気が消えて1人になると、わりとあっさり眠りにつくことができた。ちょくちょく院長が様子を見に来て、枕の位置を調整してくれる。しばらくすると腰や背中の辺りを中心に、全身がじわーっと温かくなってきた。それからなぜか左の足首が妙に痛い。今まで神経が通ってなかった部分、つまり体の悪い部分にこういう症状が出るそうで、僕の場合は施術後2、3日間痛みが残っていた。首をチョップされたのに足が痛いというのは不思議だが、少なくとも体になんらかの効果が現れているのは確かだ。


「寝るだけ」は自分で治す治療法

 全ての神経の源である首のズレを直すことで、体のゆがみから内臓の不調までを解消しようというのがこのチョップ整体。実はこうした整体は、「カイロプラクティック」と呼ばれる伝統的な整体で、日本でも以前から行われてきたものだ。

 チョップ整体院の真髄は、チョップそのものよりも「8時間寝ること」にあると院長は言う。通常の整体は週に何度も通わなければならないようなものも多いが、チョップ整体の施術回数はわずか1〜2回、多い人でも3〜4回。1回にかかる時間は長いもの、のその分しっかりと体を回復させることで施術回数を大幅に減らすことができるのだそうだ。お財布に優しい整体でもある(料金は初回1万円/2回目以降は検査無料・休息のみ5000円・施術1万円)。

画像 自らがチョップ整体を受けて感動したことがこの道に入るきっかけだったという院長の秋澤順一さん

 8時間寝るだけ、というとすごいうまい話のように聞こえるけど、仰向けで8時間寝続けるのは結構大変だ。最初の4時間くらいはいいのだけど、次第に眠気もなくなってくるし寝返りもほとんど打てないので体も痛くなってくる。ただ、その分自分が治療に参加しているという実感もある。なんとか8時間を乗り越えた後はちょっとした達成感があった。正直、「寝る」ってことをナメてました。すいません。

 体のゆがみの原因は、姿勢や歩き方など日常生活にあることがほとんど。逆に言うと、自分で治そうという心がけがなければどんなに整体に通っても根本的な解決にはならないのだ。チョップ整体院で「寝るだけ」の8時間は、そういうことを身をもって実感させてくれた。

関連キーワード

睡眠 | 治療 | 医療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」