ニュース
» 2013年08月16日 16時05分 公開

「ウチのダイオウグソクムシは食べますよ」 今度は新江ノ島水族館からニコ生決定、もぐもぐシーンに期待高まる

ダイオウグソクムシ好き必見。ニコ生の前に待機せよ。([[[[)< グソク ([[[[)< グソク([[[[)<

[ねとらぼ]

 ドワンゴは、新江ノ島水族館で飼育されているダイオウグソクムシの様子を8月23日午後8時からニコニコ生放送でライブ配信する。ほかにもオオグソクムシ、ハシキンメ、キホウボウといった深海生物や、発光魚として知られるマツカサウオも登場する。

画像 新江ノ島水族館のダイオウグソクムシたん

 ニコ生ではこれまで3回にわたって鳥羽水族館のダイオウグソクムシをライブ配信してきた。絶食5年目に突入した個体「NO.1」(通称:1号たん)をはじめ、ダイオウグソクムシたちは多くのファンを獲得。3回の総来場者数が約268万人に上るなど、いまやニコ生の大人気コンテンツとなっている。

画像 こちらは鳥羽水族館のダイオウグソクムシたん。華麗にエサをスルー
画像 ニコ生は毎回大盛り上がりです

 しかーしっ! ニコ生ではいまだに彼らの捕食シーンの撮影に成功していない。水槽にエサが投げ込まれても毎回華麗にスルー。もぐもぐタイムを期待するファンをやきもきさせている。そこで今回は番外編として新江ノ島水族館から“食欲旺盛”なダイオウグソクムシが登場。「90分もあればエサを食べる」と担当飼育員も太鼓判を押しているそうだ。

 番組では、新江ノ島水族館の飼育員が独自に研究を重ねたダイオウグソクムシの捕食生態データを公開し、視聴者にエサやり方法を伝授する。鳥羽水族館の飼育員も運営コメントを通じて出演する予定だ。配信は午後10時まで。

画像 果たしてエサを食べてくれるのか? 乞うご期待
(C)新江ノ島水族館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む