ニュース
» 2013年08月26日 09時42分 公開

モテ機 Vol.65:料理男子人気にあやかれ! 持ってると女子から一目置かれる調理グッズ

女子が男子の部屋を訪れたときに、最も注目しているエリアは「キッチン」だ。だからこそ、モテる調理器具を知っておきたい。

[池田園子,ねとらぼ]

 料理のできるオトコが根強い人気を保っている。背景には、男性タレントを起用した料理番組が増えていることがあるだろう。そこで今回は、持っておくと「料理上手男子」に見える調理器具、女子から一目置かれる調理器具についてご紹介する。

「時短アイテム」にクラクラ

 いまや「時短」は女子の頻出キーワードだ。時短美容に時短家事、そして最もメジャーなのは時短レシピ。いかに効率よく料理するかということを、なにかと忙しい女子は常に意識している。そんな女子が感動した調理グッズについて聞いてみた。「一度で3つのおかずを作れる、お弁当作りに使えそうなフライパンを見かけたとき、この人と結婚したいなと思いました」と話すのは、出版社に勤める27歳のA子。どのようなフライパンなのか調べてみると、「センターエッグトリプルパン」という、仕切り付きフライパンのようだ。朝の忙しい時間に、同時に3つのおかずができあがるのだから、優れた時短調理グッズといえるだろう。

 それに、これを持っていると「弁当男子」の可能性が高く、女子はこう想像するわけだ。「料理もそこそこできるし、お昼はお弁当で堅実に過ごすわけで、おそらくきちんと貯金できる人よね。夫候補に最適」と。このほかにも、メジャーなグッズだが「ルクエスチームケース」「電子レンジ圧力鍋」なども女子ウケがよい。“時短感”のほか、“料理にこなれている感”が、女子の心をつかんでいる。

「こんなのあったの!」と驚かせてほしい

 料理男子の部屋で「こんな調理グッズがあるの!?」と驚かされた、と話す女子もすくなくない。その驚きは感動へと変わり、ときに好意へと化すことも。「お味噌汁を作るときに役に立つマドラーを見かけたときは、商品の斬新さに衝撃を受けました。同時に『アナタ、なんでこれ持ってるの?』と不思議な気持ちも生まれましたが」と話すのは、メーカーに勤める28歳のB子だ。どうやら「味噌マドラー」のことらしい。マドラー部分を味噌にさし込んでくるっと回すだけで、大だと約大さじ2、小だと約大さじ1の味噌をすくえるという。いつも同じ量を計ることができるのはもちろん、そのまま鍋の中で味噌を溶かせるので、かなり便利!

 IT企業に勤める26歳のC子は、「すこし変わった形のスプーンがあって、何かと聞くと『カラザ(卵を割ったあとについてくるひも状のもの)を取る用だよ』と言われたときには、いい意味で『何この人!』と感じましたね」と話す。カラザを意識したことがなかったらしく、自分よりよほど女子力というか、主婦力の高いそのお相手に「惚れてしまった」のだとか。その気持ち、分からないでもない。

「鍋」への凝り具合から料理力を予想

 最後に、女子は「鍋」についても、よく見ていることを伝えておきたい。「ストゥブとかル・クルーゼが置いてあると、カレーやシチューをおいしく作ってくれそうだなと妄想が広がります」と話すのは、銀行に勤める27歳のD子。鍋のブランド力から生まれるイメージによるところも大きいだろうが、そこそこ高い鍋なので、買った暁にはそれらを使ってきちんと料理しているはず、という予想もできる。

 そのほかにも、「圧力鍋があるのを見ると、料理の腕がありそうな人だなと感じます」「土鍋を使ってご飯を炊く男子に出会ったことがあって、すごいなと思ったことがあります」など、オカン力の高そうな鍋は支持を集めていることが分かった。鍋選びは真剣に行いたいもの。

 女子は意外とキッチンや、そこに置かれた調理グッズを見ているものだ。「まずは形から」でもいいので、上記のようなグッズを集めるうちに、料理熱が高まってくるはずだ。そのときには、本物の料理男子になっているはず!?

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げたアドバイスに従ったからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露