ニュース
» 2013年08月29日 17時11分 公開

艦これサーバ群“戦歴的”プロフィール「ショートランド泊地」編千歳と水上機が憩う最前線の楽園

艦隊これくしょん第9サーバ群として緊急投入を予定している「ショートランド泊地」は、「千歳」とともにソロモンの戦いで重要な役割を果たした拠点だった!

[長浜和也,ねとらぼ]

水上機母艦を集中配備して作戦した世界でも珍しい基地だった

 「艦隊これくしょん」開発運営アカウント(@KanColle_STAFF)は、8月28日に準備中の新設サーバ群「ショートランド泊地」が投入準備に入ったことを明らかにした。決戦サーバとして開設した「ラバウル基地」に続く第9サーバ群としてまもなく登場する予定だ。


 史実のショートランド泊地は、昭和17年(1942年)3月の日本軍占領以降、ソロモン諸島を巡る戦いで日本軍の最前線拠点として機能した重要な泊地だ。

ボードウォーゲーム「FLAT TOP」のマップで見るショートランド泊地。左上に見えるラバウルから17へクス(340マイル)、右下の先にあって見えないガダルカナルのヘンダーソン基地まで16へクス(320マイル)と、ちょうど中間地点にある

 主に駆逐艦以下の小艦艇(主に駆潜艇とか哨戒艇とか)と輸送船団の集結港として利用できる泊地と水上機を運用する航空基地が主体の小規模な拠点ながら、ソロモン方面における海軍作戦において重要な役割を果たした。まだ艦これに登場していないが、零戦を水上機に改造した「二式水上戦闘機」(二式水戦)が活躍したのも、ここショートランドだ。

 活動を開始したのは昭和17年5月の珊瑚海海戦(というかMO作戦)で、横浜航空隊の九七式大艇(飛行艇)と水上機母艦「聖川丸」の水上機隊が、珊瑚海までの長距離偵察を行った(その後、ガダルカナル島の隣にあるツラギに進出した横浜航空隊は、米軍のガダルカナル上陸作戦初日に全滅した。ごーん)。

 昭和17年8月から始まったガタルカナル島を巡る戦いでは、「千歳」をはじめとする水上機母艦4隻と所属する水上機52機を主力とするR方面航空部隊が、ガダルカナルに向かう輸送船団や水上打撃部隊の上空直衛、対潜哨戒にあたった。ときには零式観測機19機と二式水戦2機で敵基地を薄暮空襲し、空中戦で敵戦闘機5機を撃墜する戦果も挙げている(その代わり、損害も大きかったが)。

 このように、この時期のショートランド(と、イサベル島レカタ基地)は、水上機母艦を集中配備して多数の水上機を運用する、戦術的にも史上例を見ない拠点としてソロモン作戦に大きく貢献した。ただ、消耗激しいソロモン戦線の最前線基地だっただけに、ショートランド(を守る第8根拠地隊)に転属を命じられた日本海軍将兵の間では「帰るときは白木の箱」と生還をあきらめる雰囲気もあったという。

 拠点としての規模や設備は、ラバウルほど本格的ではなく、その位置づけとしては、すでに稼働しているサーバに名付けた「リンガ泊地」に近い。その意味で、艦これ的にも「ラバウル基地を補完する支援サーバ」ではないかと推測できる。

関連キーワード

艦隊これくしょん | サーバ | ゲーム | 人気 | 戦争


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」