アニメーションは「世界の秘密をのぞき見る」仕事――宮崎監督が語った、引退、ジブリのこれから、作品への思い(1/3 ページ)

長編映画からの引退を決めた宮崎駿監督は、会見で何を語ったか。引退の理由、ジブリの今後、作品への思いなどについてのコメントを、まとめました。

» 2013年09月06日 19時38分 公開
[山田胡瓜,ねとらぼ]
画像

 「スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました

 世界的なアニメーション作家・映画監督である宮崎駿監督は9月6日、都内のホテルで行われた記者会見で、スタジオジブリ長編映画からの引退を発表しました。

 宮崎監督は「あと10年は仕事をしたい」「やってみたいことや試してみたいことがいろいろとあります」とも話しており、これからも同氏の作品を見ることができそうです。しかし、今後の活動はジブリ長編映画の枠組みとは少し離れたところで進むようです。

 宮崎監督は1945年、東京都生まれ。63年に東映動画(現・東映アニメーション)に入社し、アニメーションの世界に入りました。84年にスタジオジブリの母体となるトップクラフトで劇場版「風の谷のナウシカ」を発表し、翌年にスタジオジブリを高畑勲監督らとともに設立。その後の活躍は、ご存知の通りです。

 引退会見で宮崎監督は、自らの引退、アニメーション人生、そしてこれからのジブリについて何を語ったのか。発言を分かりやすいようにまとめ、紹介します。

はじめの一言 ジブリは「来年夏」にも新作

宮崎 今回は本気です(会場に笑い)。

鈴木 始まったものには終わりがある。今後ジブリがどうなるのか疑問を持たれる方もいるだろう。高畑勲監督の「かぐや姫の物語」は鋭意製作中。11月23日に必ず公開する。そのほかの企画は発表できないが、来年夏を目指してもう1本製作中だ。

画像 鈴木プロデューサー(左)と宮崎監督。会見には中国や韓国、イタリア、フランスなど海外メディアも多く詰めかけた

長編の監督を引退することについて

宮崎 (「引退の辞」のコメントを引用し)僕は自由。車が運転できるかぎりは毎日アトリエに行こうと。休息を取らないといけない時期でもある。休んでいるうちに(今後のことは)分かるだろう。

 前作の「崖の上のポニョ」から「風立ちぬ」まで5年かかっている。次の作品は5年では済まないだろう。7年かかれば80才になってしまう。僕の長編アニメーションの時代ははっきり終わった。

――これまでの引退宣言との違いについて

宮崎 鈴木さんに「もうダメだ」と言った。ジブリを始めたとき、こんなに長く続けるつもりがなかったのは確か。(次回作に)7年かかるかもということに、鈴木さんもリアリティを感じたのではないか。

 アニメーション監督は、人それぞれやり方が違う。僕はアニメーター出身なので、描かないと表現できない。だから(メガネを取り机に向かう仕草を見せながら)こうやって、永遠と描かないといけない。どんなに体調を整えても、集中できる時間が減っていくのは目に見えている。今回はポニョの時より、机を離れるのが30分早くなった。次は1時間早くなるんだろうと。

 加齢により発生する問題に苛立ってもしょうがない。やり方を変えればという声もあるが、それができればもっと前にやっている。僕は僕のやりかたを貫く。だから長編は無理だと判断した。

画像 「こうやって、永遠と描かないといけない」と宮崎監督
画像

――ジブリの若手作品の監修や脚本といった手助けの予定は

宮崎 ありません。

――引退が決まった時期

鈴木 具体的な言葉は忘れたが、今回は本気だと感じざるを得なかった。ナウシカから30年目。いろいろあった。やめようか、といったいろんな話があったが、ずっと緊張の糸が張っていた。今回、宮さん(宮崎監督)に引退のことを言われたとき、僕自身ほっとするところがあった。若い頃だったら止めようとしたかもしれないが、ご苦労様でしたと。

 会見を開く前にスタジオのスタッフに伝えなきゃという思いがあり、8月5日に伝えた。映画の公開が一段落したあとに対外的に発表すべきと考え、9月の頭になった。

――短編アニメなら作るのか

宮崎 やってもやらなくても、僕は自由。今はそのことに頭を使わない。前からやりたかったことがいろいろあり、そっちをやろうと。それはアニメーションではない。

 ジブリ美術館は10年以上経って展示が色あせていたりする。描きなおしたりしなければ。美術館の展示品というのは、毎日掃除してきちんとしていても、色あせて全体がくすんでいく。そこにキラキラしたものを1つ入れると、そのコーナーがパッとよみがえって、たちまち子どもたちが集まってくる。そういうことが分かっている。

――ほかにもやってみたかった長編作品はあるか

宮崎 山ほどあるが、やってはいけない理由があったからこそやっていないのだと思う。

――今後は休息を優先するのか

宮崎 僕の休息は他人から見ると休息に見えないような休息。好きなことやっていると、大変だけれど休息になる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  6. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  7. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  8. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  9. /nl/articles/2404/11/news121.jpg サンシャイン水族館が「カワウソに破かれたシャツ」を展示 → その“衝撃の意図”に「説得力半端ない」「インパクトある」
  10. /nl/articles/2404/13/news009.jpg 猫が横になった瞬間に駆け寄る子ウサギ→驚きの行動に!! 保護された2匹の種を超えた触れ合いが1870万表示を突破
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」