ニュース
» 2013年09月06日 19時38分 公開

アニメーションは「世界の秘密をのぞき見る」仕事――宮崎監督が語った、引退、ジブリのこれから、作品への思い (2/3)

[山田胡瓜,ねとらぼ]

ジブリの今後、宮崎監督のこれまでについて

鈴木 今後のジブリについては、今ジブリにいる人達の問題でもある。その人達がどう考えるかによって決まると思う。

画像

宮崎 ジブリの今後については、やっと上の重しがなくなるんだから、「こういうものをやらせろ」という声が上がって、若いスタッフが鈴木さんを口説くことを願っている。本当に。それがないようじゃ、鈴木さんが何をやってもダメ。僕らは30、40のとき、やっていいんだったら何でもやるぞと企画を出してきた。それを持っているかどうかにかかっている。鈴木さんはそういったものを門前払いする人ではない。

――これまで振り返ってつらかったこと、よかったこと

宮崎 つらかったのはスケジュール。どの作品も。僕は終わりまで筋道が分かっている作品は作ったことがない。話が収まる見通しがなく作ってきた。つらかったとしか言いようがない。最後まで見通せる作品は僕がやらなくていいと思っていた。

 監督になって良かったと思ったことは一度もない。 アニメーターになってよかったと思うことはある。うまく風が描けた、うまく水の処理ができた、そういうことで2、3日幸せになれる。監督というのは、最後に判決を待たなきゃいけない。

画像

――それでも監督やったのはなぜ

宮崎 はじめから監督・演出をやろうと思った人間では全くない。自分は映像をやればいいと思っていたが、ある日時期が来て演出をやらされ、途方にくれた。高畑監督に助けてもらったこともあった。その戸惑いは風立ちぬまで引きずってやってきた。映画の演出をやろうと思ってやってきたパクさん(高畑監督)の修行と、絵が描ければいいと思っていた自分の修行は、全然違うものだった。とんちんかんなこともたくさんしたと思うが、鈴木さんがずいぶん補佐をしてくれた。そういうチーム、腐れ縁があったからこそ、やってこれた。


――ジブリ立ち上げ時と今とで、社会はどう変わったと思うか

宮崎 ジブリを作った頃は、日本は浮かれ騒いでいた。経済大国になり、ジャパンイズナンバーワンなどと言われていた。それについて僕は頭にきていた。でなければ、ナウシカなんか作らない。ナウシカやラピュタやトトロは、「経済はにぎやかだけど、心の方はどうだ」と作ってきた。しかしその後、ソ連が崩壊し、バブルも弾けて、もう戦争は起こらないと思っていたユーゴスラビアが内戦状態になるなど、歴史が動き始めた。

 いままでの作品の延長線上では作れないという時がきた。その時に僕は豚、高畑監督は狸を主人公にしたりして切り抜けた。たぶんそうだと思う。

 それから長い下降期に入った。ぼくらのスタジオは経済の頂点の時期にイメージができた。もののけ姫を作ったり、いろいろやってきたが、ずるずる下がりながら「どこへ行くんだろう」とやってきた。ずるずるが長くなりすぎると、ナウシカのころに築いた世界観が持ちこたえられなくなって、ボロっといってしまうような所まで来ているようにも思う。抽象的な言い方で申し訳ないが。

 ずるずる落ちていくときに、友人、若いスタッフ、幼稚園の子供たちを見て、きちんと生きなければというのが、自分というものだと思っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」