アニメーションは「世界の秘密をのぞき見る」仕事――宮崎監督が語った、引退、ジブリのこれから、作品への思い(2/3 ページ)

» 2013年09月06日 19時38分 公開
[山田胡瓜,ねとらぼ]

ジブリの今後、宮崎監督のこれまでについて

鈴木 今後のジブリについては、今ジブリにいる人達の問題でもある。その人達がどう考えるかによって決まると思う。

画像

宮崎 ジブリの今後については、やっと上の重しがなくなるんだから、「こういうものをやらせろ」という声が上がって、若いスタッフが鈴木さんを口説くことを願っている。本当に。それがないようじゃ、鈴木さんが何をやってもダメ。僕らは30、40のとき、やっていいんだったら何でもやるぞと企画を出してきた。それを持っているかどうかにかかっている。鈴木さんはそういったものを門前払いする人ではない。

――これまで振り返ってつらかったこと、よかったこと

宮崎 つらかったのはスケジュール。どの作品も。僕は終わりまで筋道が分かっている作品は作ったことがない。話が収まる見通しがなく作ってきた。つらかったとしか言いようがない。最後まで見通せる作品は僕がやらなくていいと思っていた。

 監督になって良かったと思ったことは一度もない。 アニメーターになってよかったと思うことはある。うまく風が描けた、うまく水の処理ができた、そういうことで2、3日幸せになれる。監督というのは、最後に判決を待たなきゃいけない。

画像

――それでも監督やったのはなぜ

宮崎 はじめから監督・演出をやろうと思った人間では全くない。自分は映像をやればいいと思っていたが、ある日時期が来て演出をやらされ、途方にくれた。高畑監督に助けてもらったこともあった。その戸惑いは風立ちぬまで引きずってやってきた。映画の演出をやろうと思ってやってきたパクさん(高畑監督)の修行と、絵が描ければいいと思っていた自分の修行は、全然違うものだった。とんちんかんなこともたくさんしたと思うが、鈴木さんがずいぶん補佐をしてくれた。そういうチーム、腐れ縁があったからこそ、やってこれた。


――ジブリ立ち上げ時と今とで、社会はどう変わったと思うか

宮崎 ジブリを作った頃は、日本は浮かれ騒いでいた。経済大国になり、ジャパンイズナンバーワンなどと言われていた。それについて僕は頭にきていた。でなければ、ナウシカなんか作らない。ナウシカやラピュタやトトロは、「経済はにぎやかだけど、心の方はどうだ」と作ってきた。しかしその後、ソ連が崩壊し、バブルも弾けて、もう戦争は起こらないと思っていたユーゴスラビアが内戦状態になるなど、歴史が動き始めた。

 いままでの作品の延長線上では作れないという時がきた。その時に僕は豚、高畑監督は狸を主人公にしたりして切り抜けた。たぶんそうだと思う。

 それから長い下降期に入った。ぼくらのスタジオは経済の頂点の時期にイメージができた。もののけ姫を作ったり、いろいろやってきたが、ずるずる下がりながら「どこへ行くんだろう」とやってきた。ずるずるが長くなりすぎると、ナウシカのころに築いた世界観が持ちこたえられなくなって、ボロっといってしまうような所まで来ているようにも思う。抽象的な言い方で申し訳ないが。

 ずるずる落ちていくときに、友人、若いスタッフ、幼稚園の子供たちを見て、きちんと生きなければというのが、自分というものだと思っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評