ニュース
» 2013年09月09日 16時15分 公開

「AKIRA」の世界と一致! 2020年東京オリンピックで注目集まる

AKIRAの舞台は「2019年、オリンピックを翌年に控えたネオ東京」。作中には「東京オリンピック会場建設地」の看板も登場していました。

[ねとらぼ]

 2020年夏季五輪の開催地が東京に決定したことを受けて、大友克洋さんの漫画「AKIRA」に熱い視線が注がれています。同作は1982〜90年に「週刊ヤングマガジン」で連載され、88年には劇場版が公開された人気SF巨編。その舞台こそ、「2019年、オリンピックを翌年に控えたネオ東京」だからです。

 「AKIRA」では、関東地区に“新型爆弾”が投下されて、第三次世界大戦が勃発。一時は崩壊した東京が、2020年のオリンピック開催を機にかつての繁栄を取り戻しつつあるという設定でした。作中には「東京オリンピック会場建設地」の看板をはじめ、五輪関連のシーンがいくつも描かれています。

 ファンの間では、2016年夏季五輪の招致時からたびたび話題になっており、今回の2020年ではドンピシャとあって大きく期待されていたようです。昨夏に公開されたNAVERまとめ「2020年東京オリンピック開催を秘かに期待する『AKIRA』ファンまとめ」では、「金田バイクで聖火リレーとか妄想が膨らむお!」「オリンピック直前に、東京で変な実験による謎の大爆発が起きたりしないですよね…(笑)」などのコメントが取り上げられています。

Yahoo!リアルタイム検索 注目のキーワード

 そして、9月8日早朝に“2020年東京五輪開催”が決定してからは注目度が急上昇。「AKIRA」がYahoo!リアルタイム検索の注目のキーワードで上位に入り、「すごい!!」「そうだった」「完全に一致」と多数のコメントが寄せられていました。反応の一部はTogetterにまとめられています。

Togetter「2020年東京オリンピック開催は、大友克洋さんの「AKIRA」の世界と一致していた!」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた