ニュース
» 2013年09月17日 09時29分 公開

ブログの種類別! モテるブロガー男子になる方法モテ機 Vol.68

近年ブログを書く一般人は多い。モテるブログを書くためのエッセンスを、ブログのタイプ別に紹介する。

[池田園子,ITmedia]

 2000年代中期頃から一般人にも浸透し始めたブログ。ライフハックやグルメ、書評などのテーマを扱う人気ブログも続々と登場している。一部の個人ブロガーが目立つようになったが、一方で「ちょっと惜しいブログ」も少なくない。そこで今回は、いまよりモテるブログを書くためのちょっとしたコツを、ブログのテーマ別にご紹介する。

ライフハックブロガー男子

 ガジェットやアプリ、Webサービスなどを活用して、仕事や暮らしを効率アップさせ、高い生産性を上げる方法を中心に紹介しているブロガー男子を「ライフハックブロガー男子」と呼ぼう。彼らは最新の情報に敏感で、続々と登場するガジェットやアプリ、Webサービスを実践的に使っては、その模様をブログで報告するので、IT好きなファンを多く獲得してはいる。しかし、女子からは「中には『効率アップ』とか『○○が5分短縮できた!』とか、常に意識が高すぎて、読んでて疲れるブログもあります」との意見も寄せられている。テーマをライフハックにしているとはいえ、気楽さや親しみやすさを意識して「シャツのきれいなたたみ方」「電車で上手に眠るコツ」「遅刻の上手な言い訳」などゆるめのものも書くとよいだろう。

グルメブロガー男子

 訪れた飲食店のレビューを中心に紹介しているブロガー男子を「グルメブロガー男子」と呼ぶことにする。彼らは新店がオープンすると聞くと、すぐに店を訪れては、料理の写真を撮りまくり、文章・写真・キャプションの3点セットで、ブログで一品一品について逐一報告してくれる。このグルメブロガー男子に対して、物申したい女子も少なくないようだ。「マズそうな写真をアップしないでほしいです。お店が気の毒」「写真のセンスがないと、そのお店に行きたい気持ちにはならないかも……」といった意見を聞いた。「メシマズ写真」を撮って掲載するのは逆効果だ。おいしそうな写真を撮るよう努めてほしい。

書評ブロガー男子

 「書評ブロガー男子」は読んだ本の書評を中心に紹介しているブロガー男子。彼らは主に新刊を読んだ感想を書き、必ずアフィリエイトリンクを張っていることが特徴だ。レビューを書いた本のほか、関連しそうな本のアフィリエイトリンクを大量に張っている人もいる。これに対し「アフィリエイトリンクが多すぎるとちょっとギラギラしすぎ」「意識の高いビジネス本(笑)ばかり掲載している書評ブログはあまり面白くないです」と話す女子も。自分が本当に読みたい本の書評を書いたほうが、コアなファンを獲得できるかもしれない。アフィリエイトもやりすぎはNGだ。

日記ブロガー男子

 何気ない日常をつれづれなるままに記しているブロガー男子を「日記ブロガー男子」と呼ぶことにする。彼らにとってブログで日記をつけることは日課で、365日毎日ブログを書くことが特徴だ。「今日は会社帰りにラーメン屋に寄った。サービス券を使って味玉をゲット。ラッキー」のように、何でもない日常をネタに書き続ける継続力がスゴい。これに対し「そういうほのぼの系はいいですが、『会社の同僚Aにムカついた話』『ウザい女Bについて書こう』みたいな悪口を書いている日記ブログを見たことがあります。見ていて気分が悪くなりました」と話す女子も。たとえ実名で書いていなくても、誰かは必ずブログを見に訪れるものだ。そこに微妙な悪口があるのは、決して好もしいものではないと考えてほしい。

ポエムブロガー男子

 自作のポエム(詩)を書き貯めているブロガー男子を「ポエムブロガー男子」としよう。恋愛系の希望あふれるポエムから、1〜2行読むだけで暗い気持ちになれるポエムまで、さまざまなジャンルがそろう。どちらかといえば、ダーク寄りなポエムのほうが多いが……。これに対し「ポエムブログ男子には、病んでいる人が多い気がします。『このポエムブログは閉鎖します』と宣言したかと思ったら、また暗いポエムを書いたりとか。かまってちゃんなの?」との声も。ポエムを書くことで訴えたいことがあるのは分かるが、あまりにもかまってちゃんな言動は謹んだほうがよいだろう。

 個人ブログだから何を書くのも自由だが、ちょっとモテるブログに変えたいなら、上記の点を意識して書いてみてはいかがだろうか。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」