ニュース
» 2013年09月17日 09時29分 公開

ブログの種類別! モテるブロガー男子になる方法モテ機 Vol.68

近年ブログを書く一般人は多い。モテるブログを書くためのエッセンスを、ブログのタイプ別に紹介する。

[池田園子,ITmedia]

 2000年代中期頃から一般人にも浸透し始めたブログ。ライフハックやグルメ、書評などのテーマを扱う人気ブログも続々と登場している。一部の個人ブロガーが目立つようになったが、一方で「ちょっと惜しいブログ」も少なくない。そこで今回は、いまよりモテるブログを書くためのちょっとしたコツを、ブログのテーマ別にご紹介する。

ライフハックブロガー男子

 ガジェットやアプリ、Webサービスなどを活用して、仕事や暮らしを効率アップさせ、高い生産性を上げる方法を中心に紹介しているブロガー男子を「ライフハックブロガー男子」と呼ぼう。彼らは最新の情報に敏感で、続々と登場するガジェットやアプリ、Webサービスを実践的に使っては、その模様をブログで報告するので、IT好きなファンを多く獲得してはいる。しかし、女子からは「中には『効率アップ』とか『○○が5分短縮できた!』とか、常に意識が高すぎて、読んでて疲れるブログもあります」との意見も寄せられている。テーマをライフハックにしているとはいえ、気楽さや親しみやすさを意識して「シャツのきれいなたたみ方」「電車で上手に眠るコツ」「遅刻の上手な言い訳」などゆるめのものも書くとよいだろう。

グルメブロガー男子

 訪れた飲食店のレビューを中心に紹介しているブロガー男子を「グルメブロガー男子」と呼ぶことにする。彼らは新店がオープンすると聞くと、すぐに店を訪れては、料理の写真を撮りまくり、文章・写真・キャプションの3点セットで、ブログで一品一品について逐一報告してくれる。このグルメブロガー男子に対して、物申したい女子も少なくないようだ。「マズそうな写真をアップしないでほしいです。お店が気の毒」「写真のセンスがないと、そのお店に行きたい気持ちにはならないかも……」といった意見を聞いた。「メシマズ写真」を撮って掲載するのは逆効果だ。おいしそうな写真を撮るよう努めてほしい。

書評ブロガー男子

 「書評ブロガー男子」は読んだ本の書評を中心に紹介しているブロガー男子。彼らは主に新刊を読んだ感想を書き、必ずアフィリエイトリンクを張っていることが特徴だ。レビューを書いた本のほか、関連しそうな本のアフィリエイトリンクを大量に張っている人もいる。これに対し「アフィリエイトリンクが多すぎるとちょっとギラギラしすぎ」「意識の高いビジネス本(笑)ばかり掲載している書評ブログはあまり面白くないです」と話す女子も。自分が本当に読みたい本の書評を書いたほうが、コアなファンを獲得できるかもしれない。アフィリエイトもやりすぎはNGだ。

日記ブロガー男子

 何気ない日常をつれづれなるままに記しているブロガー男子を「日記ブロガー男子」と呼ぶことにする。彼らにとってブログで日記をつけることは日課で、365日毎日ブログを書くことが特徴だ。「今日は会社帰りにラーメン屋に寄った。サービス券を使って味玉をゲット。ラッキー」のように、何でもない日常をネタに書き続ける継続力がスゴい。これに対し「そういうほのぼの系はいいですが、『会社の同僚Aにムカついた話』『ウザい女Bについて書こう』みたいな悪口を書いている日記ブログを見たことがあります。見ていて気分が悪くなりました」と話す女子も。たとえ実名で書いていなくても、誰かは必ずブログを見に訪れるものだ。そこに微妙な悪口があるのは、決して好もしいものではないと考えてほしい。

ポエムブロガー男子

 自作のポエム(詩)を書き貯めているブロガー男子を「ポエムブロガー男子」としよう。恋愛系の希望あふれるポエムから、1〜2行読むだけで暗い気持ちになれるポエムまで、さまざまなジャンルがそろう。どちらかといえば、ダーク寄りなポエムのほうが多いが……。これに対し「ポエムブログ男子には、病んでいる人が多い気がします。『このポエムブログは閉鎖します』と宣言したかと思ったら、また暗いポエムを書いたりとか。かまってちゃんなの?」との声も。ポエムを書くことで訴えたいことがあるのは分かるが、あまりにもかまってちゃんな言動は謹んだほうがよいだろう。

 個人ブログだから何を書くのも自由だが、ちょっとモテるブログに変えたいなら、上記の点を意識して書いてみてはいかがだろうか。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  4. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  5. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  6. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  9. /nl/articles/2112/05/news043.jpg 木彫りの「溶けかけの氷」が目を疑うリアルさ 1つの木から掘り出して作った作品に驚きの声
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」