ニュース
» 2013年09月18日 20時34分 公開

艦これ新機体“戦歴的”プロフィール「二式艦偵」編実質的に唯一の艦上偵察機なのです

艦これ「9・11」改装で、先行実装の「二式艦偵」は、知名度は「彩雲」にかなわないけれど、空母で活躍したのはこっちなんだからねー。

[長浜和也,ねとらぼ]

なんたって、ミッドウェーで活躍したもんね

 艦隊これくしょん「9・11」改装で、「試製晴嵐」とともに先行実装した新機体が「二式艦上偵察機」(略称は二式艦偵)だ。その始まりは、(すでに艦これに登場している)艦上爆撃機「彗星」の試作機を偵察機として航空母艦に配属したものだ。爆撃機として開発した機体の爆弾倉に燃料増漕と偵察用大型カメラを搭載する改造を施している。このため、爆撃機として運用することはできなかった。

こちらがゲーム中の「二式艦上偵察機」

 この実績が良好だったため、艦上爆撃機として完成する前の1942年7月に「二式艦上偵察機」(D4Y1-C)として制式採用となった(ちなみに彗星の制式採用は1943年12月までかかっている)。

 ただし、二式艦偵の部隊配属を始めた1942年末は、すでに主だった空母戦が終わってしまい、艦上偵察機としての戦歴は空母「蒼龍」配属の試作2号機3号機と空母「翔鶴」配属の試作4号機に限られる。(10月11日追記)なお、マリアナ沖海戦でも、空母「大鳳」が二式艦偵を搭載して参戦している。

ボードウォーゲーム「FLAT TOP」に登場するJudyは「彗星」の米軍コードネームだが、ゲームが扱う時期は二式艦偵しか存在しなかった。ゲームでも零戦に匹敵する速度(MF)を有する

 「蒼龍」配属の二式艦偵は、ミッドウェー海戦において重巡「利根」搭載の零式水上偵察機4号機が「空母ラシキモノ1隻ミユ」と打電してきた敵艦隊を追尾するために発艦し、「飛龍」帰艦後に詳細な敵情を報告している(とはいえ「敵空母3隻健在」という報告に司令部は薄暮攻撃を決断し、その待機時間に敵襲を受けて飛龍は沈没した)。「翔鶴」に配属した試作4号機は、1942年10月の南太平洋海戦に参加した記録があるが、その詳細はよく分からない。(10月11日追記)マリアナ沖海戦では、、6月18日午前11時に空母「大鳳」搭載の二式艦偵が第2段索敵機として発艦し、米軍の索敵に先んじて15時10分に敵機動部隊を発見している。

 艦上偵察機としては、すでに艦これで登場している「彩雲」が有名だが、意外にもこちらは空母戦でまったく活躍していない。知名度は低いものの、実戦で空母から飛び立った唯一の偵察専用機という実績を残している二式艦偵だけに、「蒼龍」または「翔鶴」と組んで使うと、なにかいいことがあるかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」