ニュース
» 2013年09月24日 16時40分 公開

相田裕「GUNSLINGER GIRL」“改造”と“再生”の10年展、明治大学で開催

関連イベントで作者による実践的なマンガの描き方ワークショップも実施。

[ねとらぼ]

 2013年10月11日から2014年1月26日までの期間、明治大学米沢嘉博記念図書館にて「相田裕『GUNSLINGER GIRL』“改造”と“再生”の10年展」が開催される。

GUNSLINGER GIRL ポスター

 架空のイタリアを舞台に政府の公安組織と反政府組織の熾烈な戦いを描いた相田裕氏の「GUNSLINGER GIRL」が完結するまでの10年にわたる、「作者の営為と創意に“改造”と“再生”という視点から迫る」展示となる。描き下ろしの制作工程や、デジタル原稿の出力とデジタル機器による展示、単行本の表紙ギャラリー、同人活動についても触れる。

 相田裕氏は明治大学卒業で、同学漫画研究会出身でもある。同人誌で「GUNSLINGER GIRL」の原案となる作品を発表。PCゲーム「BITTERSWEET FOOLS」の原画などを経て、「コミック電撃大王」にて2002年から「GUNSLINGER GIRL」の連載を開始し、2012年に完結している。平成24年第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

 関連イベントとして、10月19日にはマンガ研究者の泉信行氏を講師に招き、「変わりゆく『GUNSLINGER GIRL』の描写を読む」と題した講演を。11月16日には相田裕氏によるワークショップ「相田裕が教える実践マンガの描き方」を東京工芸大学 マンガ学科 中野キャンパスで実施する。また、来年1月にはトークイベントも予定している。

  • 会場:米沢嘉博記念図書館1階展示コーナー(東京都千代田区猿楽町1-7-1)
  • 期間:2013年10月11日(金)〜2014年1月26日(日)
  • 休館日:毎週火・水・木曜(ただし祝日の場合は開館)、11月1日(創立記念祝日)、年末年始、1月17日(創立記念日)

関連キーワード

漫画 | 明治大学 | ワークショップ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐