ニュース
» 2013年09月25日 17時55分 公開

富野由悠季監督の新作は「風立ちぬ」へのアンサーソング? 理研の特設サイトで富野節炸裂

理研のX線レーザー施設「SACLA」、「風立ちぬ」、「ガンダム」、そして富野監督最新作――エンジニアリングという観点から、富野監督が熱く語っています。

[ねとらぼ]

 理化学研究所のX線レーザー施設「SACLA」のスペシャルサイトに、「ガンダム」の生みの親として知られる富野由悠季監督が登場し、自身のエンジニアリング論や新作について語っています。

photo 富野監督がSACLAのスペシャルサイトに登場

 富野氏は、記事の中で宮崎駿監督の「風立ちぬ」を絶賛。同作は零戦開発者・堀越二郎の反省をモデルにした作品ですが、その時代背景には、「飛行機というものが複葉機の初期の段階までは個人レベルで作れるものだったけど、発展していくにつれて莫大な資金が必要になり、軍事用に作らざるを得なくなってしまった」という問題があると指摘。そうした状況における技術者の苦悩やエンジニアリングのあり方を正面から描いた作品として、「映画のすべてがピターッと入ってきた」と話しています。

 そして、風立ちぬの主人公を襲った「悲劇」を繰り返さないためにも「進化を至上とする20世紀型のエンジニアリングを考え直すべき」と持論を展開。こうした問題意識が、現在製作中の富野監督最新アニメーションにも反映されているといいます。

photo SACLA、「風立ちぬ」、そして最新作――さまざまな話題を通じて、富野流のエンジニアリング論を語っています。

 富野氏への取材は、理化学研究所の放射光科学総合研究センター・石川哲也センター長との対談という形で行われています。アニメの話だけでなく、科学技術に対する富野監督の興味関心のありようが分かる、読み応えのある対談となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響