ニュース
» 2013年09月25日 17時55分 公開

富野由悠季監督の新作は「風立ちぬ」へのアンサーソング? 理研の特設サイトで富野節炸裂

理研のX線レーザー施設「SACLA」、「風立ちぬ」、「ガンダム」、そして富野監督最新作――エンジニアリングという観点から、富野監督が熱く語っています。

[ねとらぼ]

 理化学研究所のX線レーザー施設「SACLA」のスペシャルサイトに、「ガンダム」の生みの親として知られる富野由悠季監督が登場し、自身のエンジニアリング論や新作について語っています。

photo 富野監督がSACLAのスペシャルサイトに登場

 富野氏は、記事の中で宮崎駿監督の「風立ちぬ」を絶賛。同作は零戦開発者・堀越二郎の反省をモデルにした作品ですが、その時代背景には、「飛行機というものが複葉機の初期の段階までは個人レベルで作れるものだったけど、発展していくにつれて莫大な資金が必要になり、軍事用に作らざるを得なくなってしまった」という問題があると指摘。そうした状況における技術者の苦悩やエンジニアリングのあり方を正面から描いた作品として、「映画のすべてがピターッと入ってきた」と話しています。

 そして、風立ちぬの主人公を襲った「悲劇」を繰り返さないためにも「進化を至上とする20世紀型のエンジニアリングを考え直すべき」と持論を展開。こうした問題意識が、現在製作中の富野監督最新アニメーションにも反映されているといいます。

photo SACLA、「風立ちぬ」、そして最新作――さまざまな話題を通じて、富野流のエンジニアリング論を語っています。

 富野氏への取材は、理化学研究所の放射光科学総合研究センター・石川哲也センター長との対談という形で行われています。アニメの話だけでなく、科学技術に対する富野監督の興味関心のありようが分かる、読み応えのある対談となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…