ニュース
» 2013年09月30日 08時59分 公開

Facebook、投稿後に内容を編集できるように!WebサービスとAndroid向けアプリで実施――iOS向けアプリでも後日対応へ

これまではFacebookの投稿を間違えると、一度削除して再投稿するなどしかなかったが、修正できるようになる。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

Facebookで投稿内容を編集できるように!

Facebook, Inc.は、同社が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「Facebook(フェイスブック)」において投稿した内容を後から編集・修正できるように変更しています。

ヘルプページにて「How do I edit a post I've shared?」として編集方法が記載されており、実際にWebサービスおよび9月27日にアップデートされたAndroid向けアプリで利用できるようになってます。

なお、iOS向けアプリにおいても後日編集に対応したバージョンアップが公開される予定となっています。

Facebookでは、これまで投稿した内容を編集することができず(コメントなどは別)、一度削除して再投稿するなどしかありませんでした。今回、この仕様が変更され、投稿した内容を編集することができるようになり、誤字や間違いなどを後から編集・修正することが可能となっています。

投稿を編集するには、投稿の右上のメニューボタンをクリックして「編集」を選び、テキストを編集して「編集を終了」をクリックします。編集された投稿は、「編集済み」というリンクが付き、ここから編集履歴が閲覧できるようになっています。

記事執筆:memn0ck

アプリ名:Facebook

価格:無料

カテゴリ:ソーシャルネットワーク

開発者:Facebook

バージョン:端末により異なります

ANDROID 要件:端末により異なります

Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.katana


■関連リンク

記事提供元:エスマックス

livedoor CC-BY-ND

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」