ニュース
» 2013年10月07日 09時15分 公開

SNSにアップはやめて!「秘密にしたい写真」を共有する方法モテ機 Vol.71

人には見られたくないはずの写真がSNSにアップされている……と慌てたことはないだろうか。秘密にしておきたい写真を友達に共有するときの作法を紹介する。

[池田園子,ねとらぼ]

 送った相手だけに見てほしくて共有したはずの写真が、なぜかSNSという“超・公共の場”にアップされていた――こんな経験はないだろうか。これは写真の共有方法に問題があったのかも。そこで今回は、あまりおおっぴらにはしたくない、秘密にしておきたい写真を共有するときの方法を紹介する。

恥ずかし画像アップ事件簿〜変顔編〜

 その前に「恥ずかし画像アップ事件簿」を2つお届けしよう。マズい写真を友達に共有されてしまい、困ったエピソードを周囲の人に尋ねてみた。どちらも日々ネットを使っている人であれば「あるある」と感じるはず。

 1人目はメーカーで働く25歳のA子。「旅先で女友達と変顔をしたツーショットを撮ってもらったんです。好きな男の子には絶対に見せられないようなブサイクな顔です。その写真を『これ誰にも見せられないね(笑)』とコメントを付けて、Facebookメッセンジャーで友達に送りました。その後『うん。確かに(笑)』と同意する返信が来たんです。それなのに、その日の夜になって『ヤバいふたり』というタイトルで写真がFacebookにアップされていました。見せられない写真じゃなかったんかい、とツッコミたくなりましたね。しかも『全公開』ですよ。その後写真は消してもらいましたが……」。

 普通の女子がカラダを張って変顔をした写真は、冷やかしの意味で「いいね!」が集まるのは確実だ。こうやって「いいね!」が欲しいからと、友人との「ネタ」的な写真をアップする人がいるから困る。共有するときに「人には見せられないね」ではなくて「恥ずかしいから見せないで/転送しないで/SNSにアップしないで」など、いちいち丁寧に伝えないといけないのか。

恥ずかし画像アップ事件簿〜昔の写真編〜

 新卒時代のダサかった写真をLINEで回された、と話すのはIT企業で働く28歳のB子だ。「部屋の掃除をしていたら、新卒時代の写真が出てきまして。10人くらいの仲良しメンバーで集まって撮ったものでした。あまりにも懐かしすぎたので、その写真を撮影して『こんなの見つけた! みんな若かったねー!』と同期に送ったんです。そうしたら、現在の部署のチームでやりとりしているLINEのグループに、その写真が添付されちゃって。『B子が懐かしの写真を発見! 超若いですよねw』と書かれて、グループ全員に見られてしまいました。その中には気になってる同僚もいたので最悪でした。消してともいえないし、そもそも消せないし」。

 空気が読めないというか、単純すぎるというか、もらったものをそのままあたりまえのように、誰かに見せてもいいと思っている人はいる。LINEで送った写真が誰かのスマホ内に保存され、さらにSNSへ……と考えると怖いとしか言えない。

 ここで紹介したエピソードはいずれも女子の身に起きたものだが、男子にもこういったことは起こり得る。変顔写真くらいなら平気という人もいるかもしれないが、これが「友達の家で酔って脱いじゃった写真」や「嫉妬深い彼女に見せたくない、ほかの女子(たとえただの友人や同僚でも)と一緒の写真」だったら――見せる相手を選びたい写真の扱いには気をつけたいものだ。

アプリやサービスで共有しよう

 上記の事例のようにならないよう、写真共有時は慎重になるべき。FacebookメッセンジャーやLINEなどは、ものの数秒で写真が送れてしまう手軽な手段。気軽にサクッと送られてきた写真は、同じく気軽に扱われてしまう傾向がある。手間はかかるが、パスワードつきの写真専用アプリやサービスを使うのが理想的だ。どうしても気軽なサービスで送りたい場合は、信頼できる相手だけにして、共有はしないよう強く念押ししておこう。

 では見られたくない写真を共有するときに役に立つアプリ・サービスを紹介する。まずは送った写真が数秒で消えるアプリ。米国の人気アプリ「Snapshot」(iPhone/Android 無料)やFacebookの「Poke」(iPhone 無料)、日本発ならリクルートの「SeeSaw(シーソー)」(iPhone/Android 無料)、DeNAの「5sec snaps」(iPhone 無料)などがある。数秒で見えなくなってしまうため、スクリーンショットをとられる間もなく安心だ。もらった写真をいちいち共有してしまいがちなタイプの友達には、このアプリを使って「チラ見せ」のみにとどめておくのが安全かもしれない。

 もうひとつ、写真の共有・保存クラウドサービス「30days Album」も便利だ。「合言葉」で共有できるオンラインアルバムを無料で利用できる。「合言葉」がパスワード代わりになっているので「ほかには出さないほうがいい写真」だと理解してくれるといいのだけれど……。まぁ、でも念のため「どこにも公開しないで」と明確に伝えたほうが安心だろう。同様のサービスには「LUMIX CLUB PicMate」「富士フイルム マイフォトボックス」などがある。自分が使いやすいものを選ぼう。

 恥ずかしい写真やイメージダウンが懸念される写真が、“公共の場”に出されては大変。写真を誰かに送るときは気をつけたいものだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」