ニュース
» 2013年10月07日 09時15分 公開

SNSにアップはやめて!「秘密にしたい写真」を共有する方法モテ機 Vol.71

人には見られたくないはずの写真がSNSにアップされている……と慌てたことはないだろうか。秘密にしておきたい写真を友達に共有するときの作法を紹介する。

[池田園子,ねとらぼ]

 送った相手だけに見てほしくて共有したはずの写真が、なぜかSNSという“超・公共の場”にアップされていた――こんな経験はないだろうか。これは写真の共有方法に問題があったのかも。そこで今回は、あまりおおっぴらにはしたくない、秘密にしておきたい写真を共有するときの方法を紹介する。

恥ずかし画像アップ事件簿〜変顔編〜

 その前に「恥ずかし画像アップ事件簿」を2つお届けしよう。マズい写真を友達に共有されてしまい、困ったエピソードを周囲の人に尋ねてみた。どちらも日々ネットを使っている人であれば「あるある」と感じるはず。

 1人目はメーカーで働く25歳のA子。「旅先で女友達と変顔をしたツーショットを撮ってもらったんです。好きな男の子には絶対に見せられないようなブサイクな顔です。その写真を『これ誰にも見せられないね(笑)』とコメントを付けて、Facebookメッセンジャーで友達に送りました。その後『うん。確かに(笑)』と同意する返信が来たんです。それなのに、その日の夜になって『ヤバいふたり』というタイトルで写真がFacebookにアップされていました。見せられない写真じゃなかったんかい、とツッコミたくなりましたね。しかも『全公開』ですよ。その後写真は消してもらいましたが……」。

 普通の女子がカラダを張って変顔をした写真は、冷やかしの意味で「いいね!」が集まるのは確実だ。こうやって「いいね!」が欲しいからと、友人との「ネタ」的な写真をアップする人がいるから困る。共有するときに「人には見せられないね」ではなくて「恥ずかしいから見せないで/転送しないで/SNSにアップしないで」など、いちいち丁寧に伝えないといけないのか。

恥ずかし画像アップ事件簿〜昔の写真編〜

 新卒時代のダサかった写真をLINEで回された、と話すのはIT企業で働く28歳のB子だ。「部屋の掃除をしていたら、新卒時代の写真が出てきまして。10人くらいの仲良しメンバーで集まって撮ったものでした。あまりにも懐かしすぎたので、その写真を撮影して『こんなの見つけた! みんな若かったねー!』と同期に送ったんです。そうしたら、現在の部署のチームでやりとりしているLINEのグループに、その写真が添付されちゃって。『B子が懐かしの写真を発見! 超若いですよねw』と書かれて、グループ全員に見られてしまいました。その中には気になってる同僚もいたので最悪でした。消してともいえないし、そもそも消せないし」。

 空気が読めないというか、単純すぎるというか、もらったものをそのままあたりまえのように、誰かに見せてもいいと思っている人はいる。LINEで送った写真が誰かのスマホ内に保存され、さらにSNSへ……と考えると怖いとしか言えない。

 ここで紹介したエピソードはいずれも女子の身に起きたものだが、男子にもこういったことは起こり得る。変顔写真くらいなら平気という人もいるかもしれないが、これが「友達の家で酔って脱いじゃった写真」や「嫉妬深い彼女に見せたくない、ほかの女子(たとえただの友人や同僚でも)と一緒の写真」だったら――見せる相手を選びたい写真の扱いには気をつけたいものだ。

アプリやサービスで共有しよう

 上記の事例のようにならないよう、写真共有時は慎重になるべき。FacebookメッセンジャーやLINEなどは、ものの数秒で写真が送れてしまう手軽な手段。気軽にサクッと送られてきた写真は、同じく気軽に扱われてしまう傾向がある。手間はかかるが、パスワードつきの写真専用アプリやサービスを使うのが理想的だ。どうしても気軽なサービスで送りたい場合は、信頼できる相手だけにして、共有はしないよう強く念押ししておこう。

 では見られたくない写真を共有するときに役に立つアプリ・サービスを紹介する。まずは送った写真が数秒で消えるアプリ。米国の人気アプリ「Snapshot」(iPhone/Android 無料)やFacebookの「Poke」(iPhone 無料)、日本発ならリクルートの「SeeSaw(シーソー)」(iPhone/Android 無料)、DeNAの「5sec snaps」(iPhone 無料)などがある。数秒で見えなくなってしまうため、スクリーンショットをとられる間もなく安心だ。もらった写真をいちいち共有してしまいがちなタイプの友達には、このアプリを使って「チラ見せ」のみにとどめておくのが安全かもしれない。

 もうひとつ、写真の共有・保存クラウドサービス「30days Album」も便利だ。「合言葉」で共有できるオンラインアルバムを無料で利用できる。「合言葉」がパスワード代わりになっているので「ほかには出さないほうがいい写真」だと理解してくれるといいのだけれど……。まぁ、でも念のため「どこにも公開しないで」と明確に伝えたほうが安心だろう。同様のサービスには「LUMIX CLUB PicMate」「富士フイルム マイフォトボックス」などがある。自分が使いやすいものを選ぼう。

 恥ずかしい写真やイメージダウンが懸念される写真が、“公共の場”に出されては大変。写真を誰かに送るときは気をつけたいものだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news040.jpg Excel「1+1=4」 謎の計算結果になる原因を特定したツイートに「セルの結合は悪」「セルの結合を滅ぼせ」
  3. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  7. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  8. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  9. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  10. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」