ニュース
» 2013年10月10日 20時44分 公開

産経新聞のスマホアプリが誤報 号外「村上春樹氏、ノーベル賞」配信

ネットでは「えっどっちなの?」と戸惑う声が。今年のノーベル文学賞を受賞したのはカナダのアリス・マンロー氏でした。

[ねとらぼ]

 今年のノーベル文学賞が10月10日午後8時ごろ(日本時間)に発表され、カナダの小説家アリス・マンロー氏が選ばれた。同じタイミングで産経新聞のスマートフォンアプリが「村上春樹氏、ノーベル賞」という間違った内容を配信するハプニングもあった。

画像 記者のiPhoneにも号外が……

 記者のiPhoneの通知センターには午後8時20分ごろ「号外『村上春樹氏、ノーベル賞』」と書かれた通知が届いていた。すぐに産経新聞のアプリを立ち上げたが、号外はすでに削除された後だったようでそれ以上の内容は手元では確認できなかった。なかには号外を表示できたユーザーもいるようだ。

 Twitterにはこの号外通知を見たユーザーから「来たはずの号外が読めない。どゆこと?」「え、産経の号外来たけどとってないの? どっち?」「完全に誤報やんけ! 歓声あげたのに!」など戸惑う声が多数書き込まれている。

画像 受賞したのはアリス・マンローさんでした!

追記

 午後9時16分、産経ニュースのサイトに「誤配信のおわび」が掲載されました。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響