ニュース
» 2013年10月10日 21時02分 公開

なぁにこれぇ! TENGAの“カップル向け”新製品「VI-BO」を開封してみたこれより開封の儀を行う

TENGA、irohaに続く第3の刺客……その実力は?

[ねとらぼ]

 TENGAのカップル向け新製品「VI-BO(バイボ)」が10月10日より発売となった。発表当初から、そのユニークな形状と、カラフルかつ多彩なバリエーションで話題になっていた本製品、どんな具合なのかさっそく実物を見てみよう。

 なお当たり前ですが、さすがに「使っている写真」は掲載できませんのであしからず!

画像 北欧あたりで売ってそうなオモチャ感

TENGA第3の刺客は「カップル向け」

 VI-BOは一言で言えば「カップル向けバイブレーター」。男性向けのTENGA、女性向けのirohaに続く、第3の商品シリーズとして企画された製品だ。

 製品は全部で5色、それぞれカバーの形が異なり、使い方もいろいろ。白いボールの部分(ベース・ボール)はバイブレーターになっており、スイッチを押すとブルブルと震える。バッテリーはボタン電池(LR44)3個で約30分稼働。生活防水なので丸洗い可能、お風呂の中でも楽しめる。

画像画像 それぞれの使い方、分かりますか?

 それぞれの使い方については、あまり詳しく説明すると会社から怒られそうなので、あくまでイメージということでご容赦を。


VI-BO FINGER BALL(オレンジ)

画像画像

画像 「FINGER BALL」はオーソドックスな、指に装着するタイプ


VI-BO RING BALL(水色)

画像画像

画像 なんとも使い方の説明に困る「RING BALL」。ある部分の「根元」に装着して使います(写真はイメージ)


VI-BO HAND BALL(ピンク)

画像画像

画像 最初はどう使うのか分からなかった「HAND BALL」。こんな感じで、手のひらに装着して使います


VI-BO TWIN BALL(黄色)

画像画像

画像 かなり色々な使い方が考えられそうな「TWIN BALL」。真ん中の棒状の部分はやわらかく、自由に折り曲げて2カ所を刺激することができる


VI-BO STICK BALL(パープル)

画像画像

画像 最後は「STICK BALL」。5種類の中ではもっともアダルトグッズっぽい見た目。使い方は……分かるな?


「カップルで」楽しく使うべし

 スイッチはオン/オフのみで、振動パターンや強弱は変更不可能と、バイブレーターとしては比較的シンプル。irohaと同じく振動音はかなり静かで、このあたりはTENGAらしいこだわりを感じた。

 アウターカバーがベタつかず、ゴムやシリコンのイヤな臭いがしないところもよかった。かわいらしいデザインも含め、アダルトグッズへの抵抗感をなるべく取り払おうとしているのがうかがえる。このへんがきっと「カップル向け」のゆえんなのだろう。

画像 アウターカバーは簡単にはずすことができる。丸洗いできるので衛生的だ

 公式サイトでは発売に併せて、事前に行われたモニターキャンペーンの結果も発表されている。使用後の感想では、「マンネリ打破の1つのアイテムになった」「パートナーが積極的になった」といった感想が多かったそうだ。

 「VI-BO」はTENGAの公式サイトのほか、Amazonなどでも取り扱い中。価格はボール1個のモデルが1500円、ボール2個のモデルが2500円。

関連キーワード

成人向け | 写真 | デザイン | レビュー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」