ニュース
» 2013年10月15日 14時00分 公開

間違った意味で使われる言葉ランキング第1位は「ハッカー」と判明

「間が持たない」って言っちゃうかも。

[ねとらぼ]

 小学館の国語辞典「大辞泉」編集部が、10月16日が辞書の日であることを記念し、「間違った意味で使われる言葉ランキング」と「言い間違いされる言葉ランキング」を発表。間違った意味で使われる言葉1位が「ハッカー」だと判明した。

 編集部が50の言葉を選び、「普段、あなたが次の言葉を使うとき、どのような意味で使っていますか? 本来の意味かどうかは問いません」と質問。「よく見かける、本来と異なる意味」と「本来の意味」を2択で提示。前者の回答が多かった順にランキングした。

 ハッカーは本来、コンピューターで不正行為をする人という意味ではなく、多くの人が「クラッカー」と混同しているもよう。また、「確信犯」や「他力本願」も誤用率が高くなっているとの調査結果が出た。

 「確信犯」は「道徳的、宗教的または政治的信念に基づき、本人が悪いことでないと確信してなされる犯罪」が本来の意味だが、転じて「悪いことだと分かっていながら行われた犯罪や行為」として使用されている。ちなみに、2002年の「国語に関する世論調査」(文化庁発表)では誤用率57.6%だったのに対し、今回の調査では73.0%にまで広がっていた。「他力本願」は、「自らの修行などによらず、阿弥陀仏の本願で救済されることという浄土教の言葉」だったが、すっかり「人まかせ」という意味が定着している。

 また、「途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない」と言いたい時に、「間が持てない」を「間が持たない」と言い間違いしていることも多かった。

大辞泉 「声をあらげる」は正しくは「声をあららげる」

 編集部ではあえて「間違った意味」「言い間違い」としてランキングしたが、「言葉というものは、それ自体も意味も、時代によって変遷していくのも事実。必ずしも間違いとは言い切れない場合もあり」、言葉の変遷を随時追跡し、辞書に反映していくとしている。

 調査はインターネットで、15歳以上の男女各年代1200人に対して行われた。

関連キーワード

ランキング | 辞書 | ハッカー | 小学館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する