ニュース
» 2013年10月17日 08時00分 公開

お金が貯まらないのはサイフのせい!? → 持ち主から逃げ、叫び、ママに言いつける画期的サイフが開発される

赤字の時は逃げ、黒字の時はすり寄ってくるぞ!

[ねとらぼ]

 節約すべきときは逃げて、お金があるときは近寄ってくる――持ち主の経済状況に応じて動くユニークな財布「Living Wallet」が開発されました。見た目は二つ折り財布なのに、尺取虫のようによじよじ移動したり音声で助けを求めたりする姿がかわいらしいです。

 「Living Wallet」は、節約の失敗は簡単に開けてられてしまう財布に問題があるのではという考えのもと誕生。持ち主のスマートフォンにダウンロードした家計簿アプリ「Zaim」とリアルタイムで同期し、収支状況によって勝手に動きが変わる仕組みになっています。

画像 な…何を言ってるのかわからねーと思うが、財布が勝手に移動するんだぜ!

 赤字のときは「節約モード」に。手を伸ばされると感知し、車輪のついた体で開いて閉じてを繰り返しながら反対方向へ逃げていきます。捕まってしまった場合は、開かれた瞬間に「No, Don't Touch me!」「Help me!」と音声を発して誰かに助けを要請。それでもダメな場合、最後の手段として持ち主の母親にメールで通報と、3段構えでお金の浪費から身を守ります。

画像画像 「節約モード」のときはよじよじ逃げるばかりじゃなく(左)、助けも求め(右)

画像画像 それでも無理なら親に通報(左)。「おねだりモード」では逆に賑やかに近づいてくる。か、かわいい……

 一方、黒字のときは消費を促す「おねがいモード」に切り替え。ベートーヴェン「交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』」のメロディとともに「Speaker」「iPad」などamazonの売り上げランキングの商品名を読み上げながら、持ち主の方へ近寄ってきます。なんて財布だ……。

 開発は、佐々木康晴さんら制作者8人と寺本誠さんらアドバイザー2人によるもの。試作品のため今のところ一般発売の予定はないですが、「Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード 2013」の「一般の部 スマートデバイスイノベーション部門」にノミネートされています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する