ニュース
» 2013年10月22日 16時52分 公開

「パンティだって」「ちがう! パンツァーだ」――今週の「こち亀」にガルパン登場

主人公の両津勘吉らが約6ページにわたってガルパントークを展開していますよ。

[ねとらぼ]

 10月22日発売の週刊少年ジャンプ47号で、長期連載中の名物漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、アニメ「ガールズ&パンツァー」を取り上げていました。タイトルは”パンツァーバトル”。

画像 ちなみにジャンプの今回の表紙はあの浮世絵漫画です

 「ガルパン映画になるらしいな」「はい 今話題になってますからね!」――主人公の両津勘吉とアニメ好きの本田の会話で始まると、そこから約6ページにわたってガルパントークを展開。

 ガルパン効果で模型専門誌が売り切れたこと、舞台となった大洗で聖地巡礼が盛り上がっていること、自衛隊までイベント協力したことなど、諸々詳しく説明していました。ガルパンを知らなかった麗子が、最初に「キャアーいやらしい! パンティだって」と言ったのに対し、「ちがう! 『パンツァー』だ。ドイツ語で戦車のことだ!!」と全力で説明する両津の姿が印象的でした。

 中盤からは両津所属の「ラジコン戦車部」と警視庁の「女子プラモ部」が対決するという流れで、木製戦車(田宮、1957年発売)作りからキャリアのある両津が、年季の入った戦車道を披露していました。作者の秋本治さんは、今回のアニメブームで自身も数冊所持している戦車専門誌「パンツァー」の存在を思い出したそうです。

 ガルパンのTwitter公式アカウントは、「『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にて、本作品の事を取り上げて頂きました! わざわざ掲載のご確認も頂きました! 是非お買い求め下さい!」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10