ニュース
» 2013年10月22日 16時52分 公開

「パンティだって」「ちがう! パンツァーだ」――今週の「こち亀」にガルパン登場

主人公の両津勘吉らが約6ページにわたってガルパントークを展開していますよ。

[ねとらぼ]

 10月22日発売の週刊少年ジャンプ47号で、長期連載中の名物漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、アニメ「ガールズ&パンツァー」を取り上げていました。タイトルは”パンツァーバトル”。

画像 ちなみにジャンプの今回の表紙はあの浮世絵漫画です

 「ガルパン映画になるらしいな」「はい 今話題になってますからね!」――主人公の両津勘吉とアニメ好きの本田の会話で始まると、そこから約6ページにわたってガルパントークを展開。

 ガルパン効果で模型専門誌が売り切れたこと、舞台となった大洗で聖地巡礼が盛り上がっていること、自衛隊までイベント協力したことなど、諸々詳しく説明していました。ガルパンを知らなかった麗子が、最初に「キャアーいやらしい! パンティだって」と言ったのに対し、「ちがう! 『パンツァー』だ。ドイツ語で戦車のことだ!!」と全力で説明する両津の姿が印象的でした。

 中盤からは両津所属の「ラジコン戦車部」と警視庁の「女子プラモ部」が対決するという流れで、木製戦車(田宮、1957年発売)作りからキャリアのある両津が、年季の入った戦車道を披露していました。作者の秋本治さんは、今回のアニメブームで自身も数冊所持している戦車専門誌「パンツァー」の存在を思い出したそうです。

 ガルパンのTwitter公式アカウントは、「『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にて、本作品の事を取り上げて頂きました! わざわざ掲載のご確認も頂きました! 是非お買い求め下さい!」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声