ニュース
» 2013年10月25日 11時51分 公開

デジタルコンテンツエキスポ2013:誰がその服を縫うんだい? ラピュタの親方がシャツをビリビリーッてしちゃうアレを疑似体験できる夢のシステムがついに開発される

もやしっ子、集まれー!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 マンガ「北斗の拳」のケンシロウなどマッチョなキャラがよくやる、筋肉を膨らませて服をビリッと破く演出。現実ではありえない現象ですが、あの感覚を仮想体験できるという変わったシステムが「デジタルコンテンツEXPO 2013」に展示されています。

画像画像 使うのはこちらの専用ベストと、Kinect

 体験では専用ベストを装着し、Kinectの前で4種類のマッチョポーズを決めていきます。ポーズが感知されると電磁弁が開き、胸・背中・腕に仕込まれたフーセンへエアタンクから空気が注入され、筋肉が膨らんだように感じます。パンパンになったところで「ハッ!」と叫ぶと、ベストをつなぎとめるトリガーがサーボモーターにより外され、服が弾けとんだ感覚が得られます。

画像 スクリーンを見ながら、Kinectの前でマッチョポーズを決めると、ベストが膨張!

 半生をもやしっ子として生きてきた私もやってみました。体験はスクリーンのアニメーションとナレーションを駆使したストーリー仕立て。荒廃した地球で出くわしたモンスターをマッチョポーズでやっつけます。

 右腕を直角に曲げると血圧計のような圧迫感が二の腕に。服がピリピリ破けるような音がすると思ったら、フーセンが膨らむとマジックテープが徐々にはがれて音を出すようになっているそうです。体中が圧迫されているところで「ハッ!」と咆哮。ベストが前後に勢いよく分かれて開放感が一気に押し寄せました。服破ったことないからよくわかんないけど、これ、いい感じなんじゃないか!? とりあえず気持ちよさとくだらなさで笑ってしまいました。

画像画像 「ハッ!」→ベストがパーンッ!

 システムの名前は「ダッフィー機構」。開発した北陸先端科学技術大学院の学生によると、映画「天空の城のラピュタ」に出てくるパズーの親方・ダッフィーからもじって付けたそうです。親方が筋肉で服を破くシーンから、同じように破裂させてみたいという夢を抱いてシステムを製作。開発チーム名も「Studio ヤブリ」と、システムだけじゃなくいろいろハジけていました。

 デジタルコンテンツEXPO会場内、「国際バーチャルリアリティコンテスト」コーナーで作品名「誰がそのジャケットを縫うんだい?」として展示中です。あの記憶に残る名シーン、親方とドーラ家の筋肉対決を味わえたと思うと貴重な体験だったかも。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた