ニュース
» 2013年10月25日 15時12分 公開

ディズニーがコミケ初参戦! 映画「エンダーのゲーム」で

「参戦できることを非常に光栄に思っています」と宣伝プロデューサー。

[ねとらぼ]

 ディズニーがコミケに初参戦――ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが、2014年1月公開の実写映画「エンダーのゲーム」を擁してコミックマーケット85(12月29〜31日、東京ビッグサイト)に参加する。

エンダーのゲーム

 エンダーのゲームは、宇宙戦争を“終わらせる使命”を背負って生まれた少年戦士エンダーの挫折と成長を描いたSF小説。日本の多くのクリエイターに影響を与えたと言われる作品だ。

 参戦は今回が初だが、今年の夏に開催のコミケ84では、絵師の秋赤音さんによる同作のイメージイラストを展示していた。

コミケ84で展示されたイメージイラスト

宣伝プロデューサー、百合草太郎氏のコメント

 原作を読んだときに、設定や主人公の描き方が凄く身近で魅力的に感じました。日本(のアニメ)っぽいなぁと。「エンダーのゲーム」は日本のアニメと同じように“人”をしっかり描いた作品、「ハリウッド(実写)がやっと日本に追いついてきた」と。日本のマーケットではアニメやマンガなどがもはやサブカルチャーではなく、日本のカルチャーそのものでマイノリティではありません。彼らは自ら面白いものを探しに行くカルチャーのパイオニアで、それが現代のマジョリティだと思います。今のマーケットは押し付ける“説得”ではなく“共感”して面白いものを楽しんでもらう時代。そんな方々が集うコミケに実際にこの夏参加して、その熱量と集客力は日本最大級のイベントだと感じましたし、映画の垣根を超え「エンダーのゲーム」というコンテンツで参戦できることを非常に光栄に思っています。

(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」