ニュース
» 2013年10月26日 01時21分 公開

デジタルコンテンツエキスポ2013:おいこのペン勝手に動くぞ!!? こっくりさんみたいな体験ができちゃう不思議ペン

ボールペン教室の先生が手を添えてくれるように、“描く感覚”が追体験できるユニークな装置。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 こっくりさんのように、握ったボールペンが勝手にイスの絵を描いてしまう! ペン先を自動的に引っ張って手描きを補助してくれるユニークな装置「dePENd」が、「デジタルコンテンツEXPO 2013」に展示されていました。

画像 ペン先が勝手に動いちゃうけど、とり憑かれてはいません

 実はペン自体はごくありふれたもので、仕掛けがあるのはテーブルの方。テーブルの中に磁石が仕込まれていて、あらかじめ描きたい絵のデータを入力しておけば、そのとおりに磁石が動いてペン先を引っ張ってくれるというわけ。習字の先生が手を添えて書き方を教えてくれるように、手に“描く体験”をもたらすことができます。一般的にボールペンはペン先に強磁性をもっているため、大半のペンは使えるそうです。

画像画像 テーブルの中には磁石を縦軸・横軸で動かす装置が。

画像 磁石はだいたいペン軸の太さと同じくらい

 さらに書いた線をスキャンできる、市販のデジタルペンを使えば、目の前の相手に同じ線を描かせることもできます。担当者がデジタルペンで馬の形を一筆書きしたところ、筆者が握るボールペンも同時進行で動いて、ほぼ同じ馬の絵ができあがりました。データをネットで転送すれば、世界のどこからでもペンの動きを遠隔操作できるそうです。dePENdを人数分用意すれば、1人の動きを教室全員にトレースさせることだって可能です。

画像 右のデジタルペンが描く線を、左側にもdePENdを使って同じ動きでトレース

 ペン先が磁石から離れてはいけないので一筆書きしかできないといった問題はありますが、手描きを追体験できるのは画期的。開発したのは慶應義塾大学の筧康明研究室で、手に強弱を付けることで線にアレンジを加えたり、カッターなどほかの文房具でも使用できたりと、いろんな応用が効くとのことでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」