ニュース
» 2013年11月12日 10時05分 公開

艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「金剛」編いろんな意味で鬼のような彼女

日本の戦艦で最も活躍したのは、最も足が速いのに最も年老いた彼女だった。お、お、お、おぢゃうさん、無理しないで……。

[長浜和也,ねとらぼ]

人間でいえば70歳過ぎていますから

 戦艦「金剛」は、金剛型1番艦にして1913年8月16日英国ヴィッカース造船所の生まれ。その後2度の大改装を経て、太平洋戦争海戦当時は、30ノットを発揮できる高速な戦艦として、ほかの姉妹たちと第3戦隊を編制していた。このおかげで、主力空母や巡洋艦、駆逐艦とともに戦闘行動が可能になり、艦齢30年にならんとする耐用年数を超えた老嬢にもかかわらず、太平洋戦争で最も多くの作戦に参加した戦艦となる。

「艦隊これくしょん」の金剛

 ただ、これは、金剛の高速性能だけでなく、第3戦隊そのものが、主力艦の補助戦力という位置づけで、主力艦決戦だけでなく、その前哨戦となる巡洋艦と水雷戦隊による夜戦でも支援戦力として投入することになっていたためだ。開戦初頭から1942年後半のガダルカナル作戦において、常に最前線で行動できたのも第一艦隊から第二艦隊や第一航空艦隊基幹の攻略部隊に“貸し出し可能”だったからといえる。

 いつも仲良し4姉妹、と思われがちだが、太平洋戦争中に4人がともに行動したのは1942年3月のジャワ南方作戦と4月のインド洋作戦のみで、そのほかの時期は、開戦からレイテ沖海戦を経て金剛が沈むまで、第3戦隊第1小隊として「榛名」と行動をともにする(ミッドウェー作戦を除く)。

 金剛の戦歴で注目すべきは、やはり1942年10月のガダルカナル島ヘンダーソン基地艦砲射撃作戦と1944年10月のレイテ沖海戦におけるサマール沖空母追撃戦だろう。サマール沖の戦いでは、大和と長門が敵魚雷に妨害されて針路をそらし、榛名が推進器不調で速度が出せない中、敵艦隊目指して突入して、戦艦で唯一、護衛空母を撃沈している。

レイテ沖海戦で敵護衛空母艦隊と遭遇した10月25日朝におけるサマール沖の戦況をボードウォーゲーム「FLEET BATTLES」で再現した。0653に距離3万7000で敵空母を発見した日本艦隊は0700に攻撃を開始。金剛は最左翼から突撃して0702に距離2万5000で砲撃を開始する(写真=左)、途中、スコールや敵航空機の機銃掃射による測距儀の損傷で中断するが、スコールを抜けた0802に距離1万6000で敵護衛空母の砲撃を再開し(写真=中央)、重巡羽黒・利根・筑摩とともにこれを撃沈した(写真=右)

 その最後は、1944年11月21日。レイテ沖海戦に破れて帰国する途上で、米潜水艦シーライオンの雷撃を受けて沈没する。潜水艦の雷撃で沈んだ唯一の日本戦艦となった。

 日本海軍には「鬼の金剛、蛇の長門」という言葉があった。これは、「呉の雪風、佐世保の時雨」のように、鬼神のごとく大活躍した金剛、蛇のようにしぶとく生き残った長門を称えた言葉……ではなく、「リンチが鬼のように激しい金剛、いじめが蛇のように陰湿な長門」という、水兵の間でささやかれた隠語だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙