ニュース
» 2013年11月12日 15時56分 公開

日本のアニメは東南アジアでも人気! 「Anime Festival Asia 2013」フォトリポート現地からお届け(1/2 ページ)

シンガポールで開かれた「Anime Festival Asia 2013」には多くのファンが詰めかけ、日本のポップカルチャーの人気ぶりがうかがえた。

[岡徳之,ねとらぼ]
Anime Festival Asia 2013

 東南アジア最大のJ-POPカルチャーの祭典「Anime Festival Asia(AFA)2013」が、11月8日から10日までの3日間、シンガポールのSuntec International Convention Centreで開催された。

 会場では主に最新のヒットアニメやゲームが展示され、またアーティストや声優が登場するイベント、グッズ販売などが催された。取材した初日の8日は平日だったにもかかわらず、多くのファンが詰めかけ会場は大盛り上がり。本記事では、会場の様子をフォトリポートでお伝えする。

入場ゲートで来場者を出迎える「革命機ヴァルブレイヴ」のブース
「ONE PIECE」のキャラクターのフィギュアが人気
「ONE PIECE」コーナー
「進撃の巨人」ブースにあった特大モニュメントの存在感は会場でも圧倒的
物販スペースには長蛇の列(左)。サービス精神旺盛なコスプレイヤーも(右)
「魔法少女まどか☆マギカ」ブース
「ラブライブ!」ブースではキャラクターと一緒に記念撮影
「ラブライブ!」ブース
CoFesta(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)2013が設けたマンガの特設ブース
特設ブースでは人気マンガのイラストが展示されていた
休憩のためのカフェコーナーではシンガポールのメイドさんがお出迎え
会場でも特に盛り上がっていたイベントがアニソンカラオケ大会。自分で覚えた片言の日本語で一生懸命アピールする参加者たち
「シドニアの騎士」声優オーディションも行われた。優勝者は日本でアフレコに参加できるという
プロのスタイリストがアニメキャラ風の髪型にセットしてくれるコスメブース
ホリプロの田所あずささんら日本の声優によるサイン・握手会。シンガポール在住のファンにとっては貴重な機会
初音ミクグッズの物販スペース
バンダイの物販コーナーにはガンダムグッズが多数
来場者が集まってカードゲームをしたり、自分たちで作ったグッズを販売していた
企業の出展ブースも。トヨタはアニメプロジェクト「PES(Peace Eco Smile)」のブースを設けていた
マイクロソフトのブースには萌えキャラ「藍澤 祈」が
イラストレーターにはおなじみのワコムのブースも
人気コスプレイヤーがイベント出演し、衣装へのこだわりなどを語った
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」